FANDOM


Angela's Diary is a novella which serves as a prequel to Resident Evil: Degeneration. Appearing in the form of a journal written by Angela Miller, it describes a number of plot points in the film as well as serving as world-building. Angela's Dairy was only published in two sources: the Japanese DVD box set as a featurette, and the biohazard DEGENERATION Visual & Scenario Archive guide.

TranscriptEdit

今日、 例の写真を視た。
テラセイブのホームページ上に公開された写真で、 ウィルファーマがインドで行った臨床試験の被害者を写したものだ。
どうしてあんなひどいことが行われたのか? あれだけの被害が生じる前にどうして誰も止めなかったのか?
明らかに臨床試験という範疇 を超えている。 もしこれらがすべて事実なのだとしたら、 ウィルファーマの行いは絶対に許されるべさではない。 仮に法的に許された治険であったとしてもだ。

テラセイブは合衆国政府が直接調杳に乗り出さなかった場合、国際刑事找判所に訴え出る用意があるとHP上で警告している。
My Dear.
私はもっとあなたのお父さんの言葉に耳を傾けるべきだったのだろうか…。
あなたのお父さんがウィルファーマを問題視したときに、 もっと……。
私は知らなければいけない。
ウィルファーマがながインドで臨床試験を行う必要があったのか?
彼らはなぜ今も尚、 沈黙を続けるのか?

11/8/2005



医薬品の開発には莫大な金がかかる。 時間も長くかかる。
研究者たちがいちから化学物質と向き合い、 動物実験を繰り返したはてに、 安全性が確認されたものだけが人を使った臨床試験にまわされる。
100億近い金と10年近い年月――
回収を見越すからこその投資。 ただしそこには当然リスクがある。
リスクは少なければ少ない方が良い。
故にみた、 この100億近い金と10年に近い年月を削りにかかる。
国外で行う臨床試験は、 その方策のひとつであるらしい。
特にアジア。 人件費が安く、 人村も豊富と、 ある企業のHPには記してあった。
ただこれはウィルファーマに限った話ではない。
他の製薬企業も行っていることだ。
それらひとつひとつの臨床試験の影に今度のような被害が少なからず起こっているのだとしたら、 ウィルファーマの強気ともいえる沈黙にも納得がいく。
 これが製薬業界の常識なのだとしたら、 ウィルファーマだけを責め立てるわけにはいかないだろう。
それともカーティスには何か確信だあったのだろうか?
ウィルファーマは頑なに口をつぐんでいる。
この街ではそのことが話題にすら上がらない。

19/8/2005



非番を利用して、 ワシントンDCに来た。
昔の仲間のつてを使って、
製薬会社で開発を坦当する部署の人間に会うことができた。
彼日く、 人への臨床試験の段階で、
今回のウィルファーマのような重い副作用が集団で
発生する可能性は極めて稀なことらしい。
ただしまったくないとは言い切れないとのこと。
実際、 彼がまだ新人の頃に携わった治験でも、
いまだ原因不明の死亡事例が、 一件だけあるらしい。
詳しいことは話せないと急に口をつぐんだので、
冗談のつもりで、 その薬はもしや店頭に並んでいるのではと問うたところ、 苦笑を浮かべていた。
業界の中でもウィルファーマのことは話題に上るらしい。
あれだけ重大な事故が明るみに出た以上、 会社の存続という意味で、 致命的であることは明白だが、 沈黙を守る理由は他にもあるかもしれないとのこと。
というのも一時期、 ウィルファーマがペンタゴンと極秘の契約を結んだと耳にしたことがあるというのだ。
ただしこれはあくまでも噂を超らないレベルの話で、 それ以後はもったく聞かれないという。

26/8/2005

GalleryEdit

SourcesEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.