FANDOM


biohazard is a short story written by Benny Matsuyama which appears in the biohazard Kaitai Shinsho guide. It is a retelling of the game. Due to the nature of the Studio BentStuff and the Famitsu-Capcom partnership, all of Matsuyama's writings for such books are to be accepted as part of the mainstream canon.

Plot

Chris Redfield

Biohazard kaitaishinsho - pages 006-007

Chris Redfield is on a helicopter flying over the Arklays in search of Bravo Team. He thinks back to the recent events that led to this.

Chris was recruited two years ago into S.T.A.R.S., a special forces team linked to the Raccoon Police Department. Recently there has been a number of murders, with lone individuals as well as suburban families being attacked by groups of as many as ten people. Chris found the crime scene photographs especially disturbing, as the victims' bodies were so badly mutilated that parental identification was not working, and that not even 10% of the violence committed has been reported in the media. In some cases the victims' faces have been ripped open and their bellies excavated. The presence of teeth from several people who were not the victims indicated cannibalism, with the investigation not ruling out the eating of living victims. The nature of the murders was simply so bizarre that Chris believes the news would not have accepted it.

The Raccoon Police Department believed that the perpetrators were an organised group of devil-worshippers who would consume narcotics before killing and eating human sacrifices. To track down suspects, the police began investigating hospitals for patients with suspicious injuries and pharmacies with unusual customers, as well as looking for any violent cults that could have been active in the area. However, they made no progress. Finally, the police concluded that, accepting the attackers were a cult, they must be living in the mountains to avoid suspicion. As the only team remotely qualified for combating this hypothetical cannibal cult, S.T.A.R.S. was brought into the case and the six man Bravo Team was sent out into the mountains to investigate. Communications have ceased, necessitating Alpha Team's intervention.

Alpha Team investigates Bravo Team's crash site, where they discover the body of Kevin, Bravo Team's pilot. Something attacks the team, and they are forced to flee into a nearby mansion when their own helicopter leaves without them.

Jill Valentine

Biohazard kaitaishinsho - pages 010-011

The S.T.A.R.S. Alpha Team combs through Raccoon Forest. Though they are using military-grade flashlights, the region's Summer humidity clouds their sight with a ghostlike fog. Jill tries to put her fears in the back of her head, wrestling away the picture of Kevin's body and the realisation she cannot see a potential hostile. Still, Kevin's body returns to her mind and she begins to wonder about the body, with an eye pulled out and flesh gnawed. Jill asks herself if his body was attacked by wild dogs after being killed by someone, or if the dogs themselves attacked him as suggested in Raccoon City's newspapers. Jill looks at the faces of her teammates as a distraction: Joseph, who found Kevin's body, is nervous and won't stop moving; Barry appears unusually stonefaced; Chris seems unaffected, while Wesker's sunglasses make him hard to read.

The tension climaxes when Joseph screams out and begins firing. The other team members rush together to find him already dead. Four dogs surround his body, salivating over his body. The rumours of monsters in the Arklays is proven when Jill notices the dogs have decomposed flesh and exposed bones in places. Jill is stricken with fear when one of the dogs turns to her, and she finds she can hardly squeeze the trigger, let alone run away. Jill falls over and a dog jumps at her; Chris shoots it out of the way and its blood splashes on her face. He helps her up and they begin running as more and more dogs appear. The team spots a mansion in a clearing, and the four remaining S.T.A.R.S. members run there for safety.

biohazard mansion/生物災害の館 (pp.104-105)

Biohazard kaitaishinsho - pages 104-105

Part 1 (Chris)

Chris finds himself in the Spencer Mansion's tea room, where he sees a man eating his S.T.A.R.S. Bravo Team colleague, Kenneth J. Sullivan. Chris instantly recognises the man as a 'Zombie', a creature seen in many horror movies Chris had seen in the past. He and his sister Claire had watched such films for years, but the two never found them scary, even with Claire under the age of six. In his S.T.A.R.S. career Chris had become used to investigating domestic terrorists and other violent criminals; even being aware of the evidence of cannibalism in the recent crimes the idea of Zombies was outright fanciful. And yet, now his is willing to accept the unthinkable, and sees the Spencer Mansion as a murderous version of a horror movie-themed Screampark. Unable to escape due to the dogs outside, Alpha Team must find another means of escape. Returning to the main hall, Chris discovers his teammates have disappeared. As he wanders the mansion in search of them, he begins to suspect there is something wrong with the building itself, that it must have been designed to confuse people rather than to be a realistic home. As he explores various rooms in the mansion, Chris begins to suspect there is a scientific explanation for the Zombies - that they are victims of a disease, possibly the result of viral research. In one researcher's will disgarded in an office, Chris finds that there was a viral outbreak which caused decomposition of the flesh and the loss of human reason. Understanding that this virus could spread, Chris' concern for his colleagues is revived. Entering another room, Chris sees a person lurched over another. Reminded of what happened to Kenneth, he imagines it is someone else being devoured by a Zombie. As he moves closer he realises it is instead a girl in a red cross jacket nursing Richard Aiken to health.

requiem for a dead friend/死せる友への鎮魂歌 (pp.124-125)

Biohazard kaitaishinsho - pages 124-125

Part 1 (Jill)

Jill walks through the hallways of the Spencer Mansion on her own. Rather than afraid, she is only angry. Kevin Dooley was found dead in Bravo Team's helicopter, and Kenneth was still alive as a Zombie tore his throat out in front of Jill. Looking into the terrace, she finds Forest Speyer's body, and though he appeared obviously dead from the severe injuries sustained by a bird attack including a missing right eye, he still gets up as a Zombie to attack. She is almost driven to tears at what became of her friend who no longer recognises her. She remains angry angry, because not only are her friends denied the peace of death, but that even police officers are driven to commit the crime of murder. Jill reluctantly pulls the trigger of her handgun and kills him properly.

Not long after killing Forest, Jill finds Richard Aiken, wounded and suffering from poisoning. She is able to treat him with a serum, and he soon after follows her to the attic where she is confronted by the giant snake that bit him. Richard pushes Jill out of the way as the snake lunges, and he is swallowed whole.

Jill thinks back about the mission. Since arriving, she has confirmed five fatalities, including Kevin. Of the Alphas, Chris and Captain Wesker are missing, and Barry has not seen them. Making her way into the crypt below a nearby cemetery, Jill is met with a strange puzzle involving the placing of masks onto the wall. Though she feels something is wrong with it, she goes ahead and solves it. A coffin is lowered, splashing blood along the way. A Zombie steps out of it and runs at her. At the sight of this, Jill realises that this apparent disease spreading around is not just some freak accident. Whoever owned the mansion clearly had enough time to design this puzzle and place a Zombie inside the coffin. With a Grenade Launcher she took from Forest, Jill fires straight at the Zombie and, with Richard's assault shotgun, finishes him off. The Zombie, though having greater vitality than others, ultimately succumbs and dies.

Warning from Wesker/ウェスカーからの警告 (pp.148-149)

Biohazard kaitaishinsho - pages 148-149

Part 2 (Chris)

Chris makes his way through the mansion's courtyard. Chris notes that the path before him is collecting water, and nearby trees are bare despite it being Summer. Chris cannot stray too far from the mansion due to the dogs, and even if he found a means of escape he must return for Jill, Wesker and the Bravo Team survivors. He picks up Wesker on Richard's radio, but it is hard to understand due to static, which Chris blames on damage sustained in the Yawn attack. The call mentions a monster in chains, and a warning not to enter the forest.

Chris makes his way to the bottom of the path and goes through an old gate into a graveyard. Hr briefly considers this chained monster to be a ghost, but scolds himself for having such imagination. Nonetheless, he hears the chains in the distance and a groan echoing out as though from a woman. The sounds lure Chris up to a dilapidated hut on the other side of the cemetery. The windows are broken, it is suffering from wood-rot, but yet the fireplace is lit proving someone has been here recently. Upstairs, Chris finds an old photograph on a desk, written "My dearest Lisa", showing a girl in her early teens between torn-off fragments of what would have been her parents. A note on the desk is in a childlike handwriting, barely legible but disturbing all the same. Chris hears the door open, and sees a Zombie-like figure pass by. Rather than fight the figure, Chris heads downstairs intent on slipping by, but it struck in the head. As his consciousness fades, he realises that only a rational thinking human being could attack him from the side like that.

Consumed by the t-Virus/t-ウィルスはすべて蝕む (pp.156-157)

Biohazard kaitaishinsho - pages 156-157

Part 3 (Jill)

Hunter release/ハンター解放 (pp.176-177)

Biohazard kaitaishinsho - pages 176-177

Part 4 (Chris)

Who will finish S.T.A.R.S.?/S.T.A.R.S.を終わらせる者 (pp.192-193)

Biohazard kaitaishinsho - pages 192-193

Part 5 (Jill)

Tyrant's judgment/暴君の裁き (pp.242-243)

Biohazard kaitaishinsho - pages 212-213

Part 6 (Chris)

Epilogue

Biohazard kaitaishinsho - pages 170-171

Epilogue

At the end of S.T.A.R.S.' desperate fight against the mutants, the sun rises above the fog which covers the Arklay Mountains. Chris Redfield climbs into his helicopter seat and looks out; as Brad Vickers lifts the helicopter up, the mansion where the gruesome tragedy occurred disappears under his eyeline. As it completes its climb to a safe height, the mansion explodes, taking with it the residence and the lab. The researchers who had turned into zombies are killed in the explosion, which also destroys some of the landscape, leading to a forest fire.

What will later be known as the "Mansion Incident" is over, but it has taken its toll on S.T.A.R.S., now limited to five confirmed survivors. Of the Bravo Team, no survivors have been found beside the new recruit, Rebecca Chambers. Albert Wesker, who S.T.A.R.S. discovered was involved in the case, is presumed dead after being left unconscious in the lab.

The helicopter begins to move out of the area, towards the rising son as they approach the "world of the living" (”生” の世界へ ”Sei” no sekai e?). Jill falls asleep and rests her head on Chris' shoulder. Rebecca, who has been at the mansion longer than the Alphas, also falls asleep, laying on the seat. Barry spends his time checking his magnum, a ritual he performs at the end of every mission. Chris meanwhile displays a two thousand yard stare as he goes through the events in his mind. He takes charge of the responsibility of ensuring his S.T.A.R.S. comrades did not die for nothing. Noticing Jill leaning on him, Chris decides to not bother her and respect her well deserved sleep. Chris is yet unaware that the 'real' dawn has not yet arrived, and the Mansion Incident is only the beginning of the nightmare.

Transcript

一体いつから始まっていたんだろう。
消息を絶ったブラヴォーチームの捜索に、 ヘリで飛び立った時だろうか。
それとも、 このラクーンで発生した怪事件の、 その第一報を初めて耳にした時点なのか。
いや……2年前、 ラクーン市警に新しく創設される特殊部隊にスカウトされたあの日に、 この道筋は決まっていたのかも知れない。
いずれにせよ、 気がつけば俺たちS.T.A.R.S.は、長い悪夢のまっただ中に放り込まれていた。 そのままでは决して覚めることのない、 血と死臭と恐怖がべったりと塗りたくられた狂気の世界に取り込まれていたんだ――。

アメリカ中西部のありふれた地方都市ラクーンシティ返郊で、 孤立した民家が10人前後と思われるグループに襲われ、 住民が惨殺されるという事件が起きたのはしばらく前のことあった。
現場は、 目を覆いたくなるようなひどい状況だった。 被害者の遺体はほとんど、 親兄弟でも見分けがつかないほどに損壊されていた......この表現でもまだ、 この事件の暴力性・異常性は一割も伝えられていないだろう。
言いかたを変えよう。 被害者の何人かの身体は、 骨や筋肉組織を除いてあらかた消滅していた。 顔の肉から、 裂かれた腹の中身に至るまで......。
喰われていたのだ。 それも、 残されていた歯体は複数の人間のものだった。 あろうことか把行グループは、 生きたままの被害者を寄ってたかって食い散らかしていた。 狂っているとしか言いようのない、 事実そのままを公表することさえはばかられる凄惨な猟奇事件だった。
だが、 こうした異常性が突き抜けたケースは、 住々にしてすぐ足がつく。 人肉食を、 それも複数が行なうなど、 悪魔崇拝や神秘主義にかぶれたカルト集団が度を越した薬物摂取でもしでかさない限りは起こらない。 周辺の病院や薬局、 それにやばめの新興宗教に詳しい情報筋を当たれば、 いやばでも事件は解決に向かう――最初は市警の誰もがそう思っていた。
ところが、 何の進展も見せないままに捜査は行き詰まる。

事件に関わったと思われるカルトは存在せす、 前後して病院に担ぎ込まれた不審者いなかった。 まるで、 犯行グループが人間の生活する社会から消えてしまったかのように――まるで彼らが、 飢えた野獣となって今も山や森をさまよっているかのように。余裕が無りに変わり、 捜査方針の転換を余儀なくされたところで、 第二第三の ”人喰い” 事件が発生した。
ラクーン市警は、 もうなりふり構ってはいられなくなった。 犯人の特定がなされず、 要救助者も存在しない段階では極めて異例のことだったが、 凶悪な連続猟奇殺人集団に対処できる部隊として、 本来は対テロ及び人質救出のスペシャリストである俺たちSTARSの投入が決定された。 そしてアークレイ山中を含むラクーン森林地帯の広域捜査にブラヴォーチーム6名が派遺され......。
通信は途絶えた。

ヘリで捜索に向かった俺たちアルファチームの眼下に、 墜落した機体があった。 ブラヴォーチームを乗せていたはずのヘリ――だが、 中にはパイロットを務めるケビンの死体だけがあった。 何かに襲われ、 むごたらしい傷痕の刻まれた屍が。
そう......俺はもう悪夢の中にいた。 夜の森で、 突如襲いくる異形の狂犬ども。 チームを置き去りに飛び立つヘリ......。 俺たちは追い立てられ、 闇の向こうに浮かび上がる洋館に逃げ込むほかに選択肢はなかった。
背後で両開きの大扉が閉まり、 重くきしむ。
それは、 悪夢の檻が獲物を誘い込み、 錠を下ろした音だった。

    夜の森は、 まるで暗闇の糸で編まれた投網がかぶせられたみたいだった。 いびつに伸びた木々の枝が重なり合って、 その影が曇った夜空を切り刻んでいるように思える。
    軍用のフラッシュライトが作り出す強烈な光も、 ここでは視界の一点をわずかに照らす心もとない明かりに過ぎなかった。 夏の夜の、 立ちのぼる霧が仲間たちの姿さえも幽霊のようにおぼろに見せる。
    自分の手から伸びる光が小刻みにびれているのに気づき、私は怯えを自覚する。
    一一暗がりに何がいるって言うの? 子供じゃあるまいし!
    私は無理矢理、 墜落したブラヴォーチームのヘリで見た光景を頭の隅に追いやろうとした。
    機内には、 操縦していたケビンの死体だけがあった。
    左眼は、 鋭い爪でえぐり出されていた。 遺体には明らかに、 肉をかじり取られた痕も残っている。 墜落後に野犬が入り込んだのか、 それとも......夜の闇に潜む”怪物” のイメージを振り払い、 私は姿を消したブラヴォチームーの捜索に神経を集中し直した。
    いくら奇妙な事件が頻発しているとはいえ、 ラクーンのマイナー紙が面白半分に書き立てるモンスターの目撃談などを真に受けるなんてどうかしている。
    でも。
    アルファチームのみんなも、 この出動にはどこかぎこちなを感じさせた。
    出発前から落ち着きをなくしていたジョセフは、ケビンを発見してからは気の毒なほどびくついているし、 パイロットのブラッドも、 口には出さないものの仲間の捜素に気乗りがしないようだった。 いつもは頼りになるバリーでさえ、 今夜は髭の奥の顔が妙に硬い。
    もっとも、 夜の森の即時捜索を強く主張した隊長のウェスカーは、 トレードマークのサングラスのせいで表情は読み取れなかったし、 クリスに至ってはいつもと全く変わりがないように見える。 この何事にも動じない図太さは、見習いたい時とそうでない時があるのだけれど。
    今は見習うべきだ――そう決めた矢先に、 近くにいたはすのジョセフの叫びが聞こえた。
    悲鳴だった。 さらに、 別の誰かの叫びのように、 弾倉が空になるまで続く銃声。 無理矢理抑えつけていた、 わけのわからない不安が一瞬にして恐怖へと脱皮する。
    そして――。
    半ばれた判断力のまま駆けつけた私の前に、 いるはすのないものたちが待っていた。
    ジョセフはもう生きてはいなかった。 彼だったものを囲み、 唾液を盛大に振り撤きながら飢えを満たしているのは4匹の大型犬……でも、 その姿は怪奇映画から飛び出してきた怪物そのものだった。 ただれた皮膚は容け落ち、 とおろどころ骨までが露出している。とっくに死んでいて不思議のない腐敗しかけたドーベルマンが、 私の仲間を歯みちぎり、 むさぼっている……。
    一匹の、 白く濁った瞳のない眠が、 私に向けられているのが見えた。 心に警報が鳴っている――それなのに、 私の身体は別人のもののように動かない。措えた銃の引き金をしぼることさえ……次の瞬間、 それは矢のように走り出した。 牙をがちがちと鳴み鳴らして、 私の喉笛目がけて。 後ずさりしようとして、 私の足はもつれた。 無防備に倒れたところに、 怪物は容赦なく飛びかかる。 ケビンの死体が脳裏にフラッシュバックする。 私も、 あんなふうに、 死ぬ――。
    目の前で、 空中にある怪物が弾けた。 遅れて銃声が耳に届く。 飛び散るしぶきが、 私の頬に血化粧を施した。 その生ぬるい、 粘つく感触への嫌悪が失っていた身体の自由を取り戻させる。
「来い!」
    硝煙の匂いをまといつかせたクリスに抱え起こされ、 私は走り出す。 背後には、 同族の死にもひるまない狂犬3匹が迫っている。 いいえ、 その数はどんどん増えている……この森には、 地獄につながっている穴でもあると言うの?
    離脱の手段を失った混乱の中で、 私たちは幸運も、 森の奥にひっそりと建つ巨大な洋館を見つけ、 魔犬の群れから逃れることができた。 少なくとも最初は、 そう思えた。
    私は間違っていた。
    この館こそが、 地獄に通じる悪夢の中心地だった。 狂気と悪意、 そして災害にあふれた絶望の管に、 私たちSTARSは誘い込まれていたのだ――。

    俺はゾンビなんて怖いと思ったことはなかった。
    腐りかけた死体が起き上がって、 人の肉を欲しがってうろつき回る。 昔、 そういう映画を何本か観た。 字宙や、 謎の流行病が原因で……ってヤツだ。
    そんな怪物が暴れる話なんて、 所詮は絵空事に過ぎない。 6歳下の俺の妹も、 気味悪がってはいたが怖がりはせずに映画を楽しんでいたもんだ。
    本当に恐ろしいのはいつだって人間だ。 戦争を始めるのも人間なら、 犯罪に手を染めるのも人間……人が死ぬ一香の理由は、 たぶん人間が作っているんだろう。
    俺たちS.T.A.R.S.は、 凶悪犯罪から市民を守るために日夜戦い続けてきた。 一歩タイミングを間遣えればテロリストに蜂の巣にされかねない、 神経が研ぎすまされる治安維持の最前線――それを思えば、 空想の世界の人喰いゾンビなんてかわいいものさ。
    だが、 こんな強気な意見も今夜限りで撤回ってことになりそうだ。
    ゾンビは本当にいた。
    俺たちが逃げ込んだ洋館は、 まるで恐怖映画のテーマパークだった。 腐った奴らがそこかしこに巣くい、 新鮮な食い物を――まんまと飛び込んできた俺たちの肉をかじり取ろうとうろつき回っていたのだ。
    玄関からは、 もう逃げ出すことができない。 外にはあの腐りかけた狂犬の群れが、 扉が開くのを今か今かと待ち構えている。 俺たちは危険を覚悟でこの館を調査し、 別の脱出方法を探らなければならなかった。

    そして今、 俺はひとりで、 限られた弾薬を頼りに化け物屋敷を探索している。
    一緒にいたアルファチームの仲間は、 俺が最初のゾンビを発見した時点で、 待機場所から煙のように消えてしまった。 怪物どもが徘徊する状況を考えると、 最悪の事態も想定しておかなければならなかったが、 いずれにしても俺は館の構造を把握しつつ、 仲間の捜索と脱出経路の発見を同時に進めるほかなかった。
    調べれば調べるほど、 この館は奇怪だった。
    狂気に取り憑かれた人間の着想に、 天才的な建築技術をあてがったなら、 こんな屋敷が出来上がるのか……あちこちに設けられた、 悪意ある仕掛けの数々。 居住空間としての実用性よりも、 訪問者を混乱させることを第一の目的とした入り組んだ構造――ここはまさに、 悪夢を現実化した異常な空間だった。
    しつこく施錠されたドアを、 過去の設計者と知恵比べをするようにして手に入れた幾つもの鍵で開放し、俺は少しすつ探索範囲を広げていった。 その過程でわかったのは、 腐った奴らの乱痴気騒ぎは、 どうやらここで秘密裡に行なわれていたウィルス研究が原因らしいということだ。
    残されていた研究者のひとりの遺書には、 胸の悪くなる内容が記されていた。 漏洩したウィルスに感染した人間は脳を冒され、 少しすつ理性を、 人間らしさを失っていく。 同時に肉体は変質を始め、 皮膚が腐ったように崩れ落ちて、 あの死者のような姿になり果てる。 つまりあいつらは厳密には蘇った死体じゃなく、 未知のウィルスによって人ではないものに作り替えられたってことなのだ。 死んでいて不思議のない状態でありながら、 死ねない身体になってあさましく人肉を求める哀れな限たち……悪魔のウィルスに蝕まれた連中は、 頭部を砕くか肉体を燃やしてしまわない限り、 完全に生命活動を停止させることはないのだ。
    生物災害――俺たちはその中心となる、 罠だらけの館に足を踏み入れていた。
    ブラヴォーチームも、 少なくとも何人かは俺たちと同じように、 追い立てられるままここにたどり着いていたらしい。 ケネスは喰われていた。 できることなら、 他の隊員には無事でいて欲しかった。 そして何とか力を合わせ、 この狂った館から脱出しなければ。 植物までも怪物させるウィルスが漏れ出ていたことを、 外の世界に知らせなくては――。
    焦燥に駆られながら、 俺はまだ調べていないエリアに侵入する。
    銃はいつでも撃てるようにしてあった。 暗がりからゾンビに組みつかれたのも一度や二度ではない。 出くわしたなら、 即座に9ミリ弾を叩き込んで動きを止めなくてはならなかった。
    通路の奥に、 しゃがみ込んだ人影が見える。
    倒れた誰かを、 そいつが喰っているように見えた。 無惨に喉笛を食いちぎられたケネスの死体が脳裏に蘇り、 俺はその背に照準を合わせる。
    だが、 引き金をしぼる前に、 俺はジャケットの背に描かれた赤い十字マークに気がついた。 面識はなかったが、 ブラヴォーチームには配属されたばかりの、 救急資格を持つ隊員がいると聞いている。
    俺の足音を察知して、 傷を負った同僚のリチャードを介抱していたそいつが振り向く。 まだ少女と言ってもいいあどけなさを残した、 しかし命を背負う責任に凛とした顔だった。

「あなたは?」
    それが俺と、 新入隊質レベッカ・チェンバースとの出会いだった。

    吐き気を催す死者の館で、 私は今、 怖れよりも怒りに震えている。
    S.T.A.R.S.の仲間たち――ラクーンシティの治安を守るため、 軍や警察、 民間を問わずに引き抜かれた精鋭が、 この覚めない悪夢の中で次々と命を失っていく。
    墜落したヘリで死んでいたR.P.D.所属パイロットのケビンに、 森で怪物化した犬たちに殺されたジョセフ。
    犠牲者はそれだけではすまなかった。 腐りかけた屍喰鬼が徘徊するこの忌まわしい屋敷では、 私たちアルファチームより先に避難していたブラヴォーチームが餌食になっていた。
    私たちが玄関ホールに飛び込んだ時、 ケネスはまだ生きていたのだろう。 でも、 私が見つけた時には、 彼はもうゾンビに――生きた人間の肉を求める亡者に喉を食い破られて、 ふだんは動じるところを見せない顔に恐怖を張り付かせたまま息絶えていた。
    テラスに置かれた滕椅子には、 フォレストが次のラウンドを待つボクサーのような格好で力尽きていた。 遺体の損傷は激しく、 カラスにでも突つかれたのか、 右眼のあった場所な黒々とした穴が開いていた。 死んだあとでさえ、 彼の尊厳は守られなかったのだ。
    そう、 狂気が充満するこの館では、 ”死” さえも重んじられない。 死者は永眠を許されない。 それが巻き込まれた私たちであっても。
    フォレストがうなり声をあげて襲いかかってきた時、 私は叫びそうになった。 昨日まで冗談を飛ばし合っていた仲間が、 ただただ飢えた心なき怪物になって目の前にいる。 ホラー映画のヒロインなら喉が張り裂けるまで絶叫して、 失神してしまうような状況だろう。
    それでも湧き起こったのは恐怖ではなく怒りだった。
    どうしてフォレストが――すべての犠性者がここまで冒涜されなければならないのか。 私はまだまだ死を望むつもりなんかない。 しかしそれでも、 ”死” とは生命あるものすべてが平等にたどり着く最後の安息ではないのか? フォレストとしての意識は死に果てているのに、 肉体だけが別の意志――それはこの現象を引き起こしているらしい、 伝染性の病原体それ自体が生き延びようとする意志だろおうか――に操られ、 今日まで犯罪抑止に生きてきた彼の誇りを踏みにじっている。
    許せないと思った。 止めなければとも思った。 トリガーを引くのをためらったのは、 フォレストはもう死んでいるんだと自分に手い聞かせる一秒にも満たない時間……私はこの手で、 かつての仲間に二度目の死をもたらした。 嫌な、 とても嫌な気持ちだった。
    さらに、 リチャードまでが命を落として。 私を、 助けようとして――。
    強力な毒を受けて倒れていた彼に、 私はどうにか血清を届けることができた。 リチャードは助かるはずだった。 容態は好転し、 あとは持ち前のタフさで、 一緒に脱出方法を探せるまでに回復するはずだった。
    ところが、 死神は彼の背から離れてはくれなかった。
    この洋館に潜んでいたのは、 ゾンビと化した人間や犬だけではなかったのだ。 リチャードに毒を打ち込んだのは、 信じられないサイズにまで巨大化した毒蛇だった。 迫り出した牙の長さが私の腕ほどもある怪物が私の目の前に現れた時、 まだ万全でないリチャードは勇敢に躯けつけ、 戦ってくれた。
    ふたりで撃ち込む銃弾に、 大蛇も一度は動きを止めた。 でも、 それは私たちの油断を誘う狡猾な擬態だった。 気を抜いた瞬間に怪物は私に飛びかかり、 とっさに私を突き飛ばしたリチャードをその巨大な顎で捉えた。 断末魔の絶叫が洞六のような喉の奥に消えていく。彼は頭から――まるでネズミがそうされるように飲み下されたのだ。
    出動した人員のうち、 もう5名が死んだのだ。 アルファチームの仲間も、 クリスの行方は一向につかめず、 ホールを確保していたはずのウェスカーも姿を消したままだった。
    こんな形で壊滅するために、 私たちは厳しい訓練をくぐり抜けてきたんじゃない。 一個の生き物のように作戦行動を行なえる、 信頼できる仲間を次々に失っていく悔しさが、 私の中に潜む怯えを焼き尽くしていく。今はこの言い表しようのない怒りが、 私を前にと躯り立てる原動だった。
    そして――。
    墓地の地下で、 館のあちこちに隠されていた、 鍵代わりになる四つのデスマスクを対応する石像にかぶせながら、 私は最初から抱いていたある疑いが確信に変わるのを感じていた。
    ここで何らかの研究が行なわれ、 事故によってこの忌まわしい事態が引き起こされたのは本当だろう。 ただし、 こうした謎解きめいた探索のプロセスは、 明らかに事故の発生後に誰かが、 建築時から洋館に設置されていたらしい古く凝った仕掛けを利用して作り上げたものだった。 つまり、 人喰いの怪物たちがひしめく極限の状況下で、 逃げ込んだ者が否応なしに困難なサバイバルを行なうよう意図されている――?
    デスマスクの封印が解除され、 鎖で宙吊りになってにた棺だ血しぶきを振り撒きながら落下する。 入口は自動的に閉鎖され、 棺桶からは異様に動作の速い、 頭部が充血して真紅に染まったゾンビが姿を現した。
    誰が、 何を目的にこの館を殺戮の実験場に仕立てたのかはまだわからない。 ただし、 事件に黒幕がいるとするなら、 高くつく代償を払うことになるだろう。 私は1セントだろうとまけるつもりはなかった。
    突進してくる赤頭に、 フォレストの形見のグレネードランチャーを発射する。 爆発の衝撃にひるんだところに、 続けて持ち替えたリチャードのアサルトショットガンを至近から叩き込んだ。 統口から拡散する前の散弾すべてが胸部に食い込み、 異常な活力を示すゾンビもその凄まじいエネルギーを受けて仰向けに倒れる。
    これは、 予行演習でしかない。 生き廷びて、 必ず払い戻しをさせる――亡き者たちの無念を抱いて、 私は呪わしい死者に銃弾を治びせ続けた。

    行方知れずのウェスカーからノイズ混じりの通信が入ったのは、 俺が忌まわしい洋館をひとまず抜け出し、 荒れ果てた広い中庭の湿った夜気を吸って問もなくのことだった。
    屋根がなくなりはしたものの、 解放感とはほど遠いところに俺はいた。 夏だというのに、 葉がすべて落ちた裸の木々に囲まれた水はけの悪い小道。 段差の多い敷地は見通しが悪く、 果たしてこの先に状況を好転させるものがあるのかどうかさえ定かではない。
    それでも、 俺は進まなければならなかった。 柵を越えて道をそれても、 恐らく脱出経路は見出せないだろうし、 仮に敷地の外へ通じる道があったにせよ、 そこはあの腐った狂犬の群れが走り回る殺戮の森なのだ。
    何より、 姿を消したままのジルやウェスカーを残して脱出するわけにもいかなかった。 ブラヴォーチームにも、 まだ消息のつかめていないメンバーがいる。 仲間に生存の可能性が残っている以上、 俺はできる限り捜索を続け、 何とか皆で生き延びる道を探し出すつもりでいた。
    ――だが、 レベッカとリチャードの安全を優先するなら、 森を突破したうえでヘリの墜落地点を確保し、 ブラッドが戻ってくるのを待つべきではないのか? ありったけの火力を集めれば、 犬どもをどうにか蹴散らせるかも知れない……。
    そんな俺の迷いを見透かしたように、 リチャードに託された通信機に突然電波が飛び込んできた。
”維か応答せよ……”
「ウェスカー!?」
    俺は慌って送信ボタンを押したが、 リチャードがあの大蛇に襲われた際に強い衛撃を受けていたのか、 こちらから電波を発信する機能が完全に死んでいる。
”……鎖の化け物……逃げるしかない……館の外の……森に近づくな……”
    感度が悪く、 通信は途切れ途切れにしか聞き取れなかった。 だが、 総毛立つような警告だったことは確かだ。 俺がいるのはまさにその、 正体不明の怪物とやらがうろついている森なのだ。
    それっきり、 ウェスカーは沈黙した。 俺はほんのわずか、 館へ戻るべきかと迷ったが、 やはりこの先を探素するしかないと決険を冒たにする。 少なくともまだ、 ウェスカーは生きている。 それがはっきりしたからには、化け物と出くわす危険を冒してでも、 すぐに手がかりを探さなくてはならなかった。
    曲がりくねった小道を駆け降り、 古びた鉄格子の門の仕掛けを外して、 俺は墓場を横切る。 ふと、 墓地から連想される不吉なイメージが頭をかすめたが、 もともと俺は占いや暗示などを気にするタチではない。 ならばビビっているのか? その鎖の化け物とやらに? 日頃の強気はどこにいっちまったんだ、 クリス? ――そう自分を嘲笑うように叱咤し、 墓場の向こうに続く道へと足を踏み入れたその時――。
    ジャララ、 と、 鎖を引きずる音が確かに聞こえた。 それに重なって、 地の底から響き渡るような、 何かひどく苦しげな、 悲痛ささえ感じさせるうなり声が届く。
    女のもののようにも思えた。 だが同時にそれは、 人間の声には聞こえなかった。
    ショットガンを握り直し、 俺は構わず前へと進む。 後ろには、 探し出すべき仲間はいないのだ。
    そして俺は、 道の行き止まりに建つ、 朽ちかけた小屋へと導かれた。
    その粗末な建物は、 もう長いこと手入れがなされていないように見えた。 窓は壊れ、 板壁も湿気でところどころ腐り始めている。 しかし、 確かに何者かが生活している気配があった。
    中に踏み込むと、 暖炉には赤々と火が燃えている。 薪はまだくべられたばかりのようだった。 この真新しい活動の痕跡は、 火を扱える者の生存を明確に示している。
    だが、 本当に……ここに棲むのは人なのだろうか?
    奥まった中二階の机に、 ”My dearest Lisa”と記された古びた家族写真を見つけた。 顔の部分がちぎられた両親に挟まれて、 十代前半の娘が写っている。 そばには奇妙な手記が添えられていたが、 ひどく読みにくい字でたどたどしく綴られた内容は、 俺には良くわからなかった。 幼い子供が書くような……だが、 何かとても禍々しいものに思えて、 俺は目をそらすように手記を閉じた。
    突然、 入口の扉がきしむ音が響いた。 階下をのぞき込んだ視界の端を、 ゾンビらしき姿が通り過ぎる。
    この小屋に仲間が潜んでいた形跡はなかった。 ゾンビをやり過ごして早々に屋外に出ようと、 暖炉のある部屋に戻ったその瞬間――。
    俺は頭に強い衝撃を受けた。
    意識が遠退く寸前、 俺は悟っていた。 小屋に入ってきたのは脳まで腐り果てた亡者などではないと。 物陰に身を潜め、 俺を待ち伏せて襲うだけの知恵がある存在なのだと。
    もし、 そいつがこの小屋をねぐらにしていたものだとすれば、あの不吉な手記は――血と骨を思わせる表記は、 同じように捕らえられた者の末路……?
    そこで、 思考はぶっつりと途切れた。

    その建物は、 より激しさを増した狂気に支配されていた。
    洋館の裏手にある、 この施設でおぞましい研究に従事していた者たちが寝起きするための寄宿舎――そこは、 漏洩したウィルスがどれだけ生態系を狂わすのかを、 食物連鎖の頂点を気取って慢心した人間に、 いやというほど見せつける博覧会場のようだった。
    人に覆いかぶさるほどに巨大化し、 毒液を吐き散らして徘徊する蜘蛛。 肥大した針を振りかざし、 集団でってくる大型の殺人バチ。 地下部分に隠された大水槽は割れ砕け、 漫水した施設内を凶暴性を強めた巨大ザメが我がもの顔で泳ぎ回っている。
    そして何よりも――地球上では一度として存在し得なかった特殊な生態系が、 ここには出来上がっていた。
    寄宿舎の王は、 植物だった。 研究者たちにプラント42と命名された、 ウィルス感染で異常なまでの成長を遂げたこの吸血植物が、 まるで建物全域に神経を通わせるように根を張り、 触手めいたシルを八方に伸ばしていたのだ。
    遥かな生命の起原に”動く”ことを捨て、 安定して種を繁栄させる道を選んだ植物という進化の系統が十数億年もの間失ってきたものを、 プラント42はほんのわすかな期間で取り戻していた。 筋肉組織に近いたもを備えたシルは肉食獣のように素早く自在に動き、 高度な知覚能力で獲物を捕らえて直接血液を吸い上げる。言うなればこの建物自体が、 巨大植物の胃袋だった。寄宿舎にあるすべてが、 最後にはプラント42の養分となる運命にあった。
    狂った世界としか、 私には表現のしようがなかった。悪夢の中に現れるものすべてが人の妄想の産物だとすれば、 生態系に君臨する植物なんて一体誰が思いつくというのだろう。 ここでは現実を侵食し続ける悪夢それ自体が、 tーウィルスと呼ばれる病原体に冒され、 ねじ曲げられているようだった。
    そう……何もかもがおかしくなってしまったように感じられる。 私の中には今、 S.T.A.R.S.の仲間への疑念が黒雲のように湧き起こっているのだ。
    扉の向こうから、 聞き慣れた声が_れてくる。 だが、 それは普段とはまるで違う響きを帯びていた。 決して、 扉越しにくぐもっているせいだけでなく。
    あのバリーの声が、 まるで別人のもののように頼りなく届く。
    ”…それでは話が違う! ……だが……S.T.A.R.S.を壊滅……”

もう二度と、 夜は明けないのではないか――。
  S.T.A.R.S.のそんな絶望的な戦いは、 射し込む曙光とともに終焉を迎えた。
  アークレイ山地の稜線から顔をのぞかせた太陽が霧を散らすように、 醒めることのない悪夢も幻のように消えていく。
  長い、 あまりにも長い恐怖の一夜は終わったのだ。 生き延びることができた――陰惨で狂気に満ちた事件の舞台となった洋館が眼下に遠ざかっていくのを眺めながら、 クリス・レッドフィールドはようやくそれを実感した。
  生き残った者たちをせ、 ブラッド・ヴィッカーズが操縦するヘリは上昇を続ける。 清浄な朝の陽光を浴びて、 高く――こびりついた粘つく闇を振り落とすように。
  ヘリが充分な高度に達したところで、 時は至る。
  大気を震わす轟音とともに、 館と、 それに伴う施設すべてを飲み込む炎と爆風が、 まだそこに蠢いていたであろう悪夢の残りかすを跡形もなく吹き飛ばした。 腐敗したゾンビになり果てたものたちも、 人の悪意が形となったような生物兵器の数々も、 そしてそれらの根源であったt−ウィルスも……。
  ラクーンの大森林に噴き上がった爆炎が、 何もかもを破壊し、 焼き尽くす。



  1998年7月24日に発生し、 翌25日未明に一応の決着を見た二重遭難事件――のちに ”洋館事件” と呼ばれるこの惨劇で、 ラクーン市警が誇るエリート特殊部隊S.T.A.R.S.は壊滅的な打撃を受けた。
ラクーンシティへと生還したのはわずかに5名。 失に消息を絶っていたブラヴォーチームに至っては、 新人隊員のレベッカ・チェンバースを除いて生存者は確認されていない。 また、 本件への作為的な関与が指摘されているS.T.A.R.S.隊長アルバート・ウェスカーについても、 生存の可能性は限りなく低いと見られている。



次第に強まる朝日に向かって、 ヘリは生物災害の跡地から飛び去っていく。 平穏な日常が待っているはずのラクーンシティへ。 ”生” の世界へ。
過酷な夜をくぐり抜けた者たちに、 ローターの轟音に包まれたひとときの安息が訪れる。
ジル・バレンタインは長く続いた緊張を解き、 クリスの肩に頭を預けて吸い込まれるように眠りに落ちた。
とうに限界を越えていたレベッカは、座席に模になって静かな寝息を立てている。
バリー・バートンはこの時も、 酷使した愛用のマグナムの点検に余念がない。 それが彼の、 すり減った神経を癒すいつもの儀式だった。
クリスは機内を満たす朝の光の中で、 体験した事件の闇を見つめていた。 どんな光も届かない、 深い深い底なしの暗黒……自分たちが属するS.T.A.R.S.もまた、 その闇と無関係ではなかった。 すべての解決には、 きっとまだ想像以上の困難が待ち受けているだろう。 疲弊した肉体に、 巨悪へと立ち向から覚悟はこたえるものだった。
――俺たちは、 それをやらなくてはならない。 生き残った者の責務として。
しかし、 せめて今だけは安らぎを――ジルの、 普段は見せることのない無防備な寝顔を見つめ、 預けられた身体の軽さに彼女がやり遂げたことへの敬意を抱いてクリスは願う。 街への帰投が延び、 この穏やかな時間が少しでも長く続けばいいと……。
しかし――。
彼らはまだ、 気づいていない。
この恐るべき事件が、 これよりラクーンシティを襲う大災害の序章に過ぎないということに。
S.T.A.R.S.に関わった者たちの運命を激変させる巨大なうねりが、 ゆっくりと、 しかし着実に街を呑み込んでいく。
本当の夜明けは、 未だ訪れてはいない。

Sources


Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.