FANDOM


History
Biology
Gameplay
Appearances
Gallery
Further notes

Eliminators were produced early in the t-Virus Project at Umbrella's executive training center. Unlike humans mutated by t-Virus, Eliminators did not suffer from brain damage and, consequently, could follow basic commands. Eliminators also experienced increased muscle development, which resulted in the subjects' skin being cracked. The increase in muscle strength, however, was not enough to make the Eliminator a viable bio-weapons product, and the project was put on hold.[1][excerpt 1]

BibliographyEdit

SourcesEdit

excerpts
  1. Excerpt from biohazard 0 kaitaishinsho, page 068:
    "マーカス博士が多種の哺乳類をベースにt-ウィルス投与実験を重ねて選別し、 人間を素体とする以前ではそれなりの完成度に到達したB.O.W.。もともと知能の高い大型の真猿類であったため簡単な命令であれば指示通りに遂行することができ、 単純にウィルス感染した人間(゠ゾンビ)とは違って、侵食下でも脳の神経伝達がほとんど阻害されることなく安定しているものと見られる。肉体的にもウィルスの代謝促進機能が有効に働いており、 裂けた外皮からのぞく剥き出しの筋組織は、 それが信じがたいレベルで急激に増強されたことを示している。しかしそれでも量産化に踏み切るには能力面で不十分であったため、以降はさらなる発展を求め、 非人道的な人間ベースのB.O.W.開発が本格化していくこととなった。"
references
  1. (in Japanese) biohazard 0 kaitaishinsho. Enterbrain. p. 068. 
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.