Resident Evil Wiki
Advertisement
Resident Evil Wiki

The French Troops Dispatch (レオン…。 reon….?) is the third episode of BIOHAZARD 2 Drama Album ~The Female Spy Ada Lives~, a four part radio play series set in the weeks after the Raccoon City Destruction Incident.

Plot

Jacob arrives and begins shooting at Christine. Christine is angry and confused, as she believed Jacob should be working with her, revealing Umbrella Pharmaceuticals entered into an agreement with the French military to permit the USS' transport of G-Virus into Loire to gain preferential treatment in the selling of bio-weapons. He confirms he is aware and had orders, but as the USS mission failed and the G-Virus is missing, he sees no reason in helping her. He has gunned down a number of her security personnel in the castle, and orders Christine to abandon the facility with whoever is left alive. He fires again with a submachinegun, and Christine falls through a window into the courtyard below. Jacob heads over to Philippe, and demands Ada be searched for the G-Virus sample; if Philippe cannot do it, he threatens to simply shoot her and have her corpse searched instead. Philippe knocks the submachinegun out of Jacob's hand, and the two begin fighting hand-to-hand. Ada picks up the submachinegun and runs out of the room.

Philippe catches up to Ada in the courtyard, where they find Christine's body has disappeared. As they follow the trail of blood, the ground begins to shake, revealing they are on a massive elevator. When they get to the bottom of the shaft, Ada recognises the underground complex not only as a laboratory for Umbrella research, but an exact duplicate of the NEST facility in Raccoon City. Christine's voice rings out on the speakers. Able to hear what the two are saying, she responds that the Loire facility was the original sight of Dr. William and Annette Birkin's G-Virus research. A shutter begins to rise, revealing a group of Zombies on the other side of the room, who were formerly Christine's own research staff. She uses the fear of t-Virus infection and zombification to get Ada to hand over the G-Virus, but this fails. Philippe and Ada fire at the Zombies but quickly run away onto another hallway. From a great distance, Jacob is heard also demanding Ada hand over the virus, while Christine declares she will not hand over G to him anymore. As the two run away, Ada slips and falls down a hole.

Unconscious, Ada dreams that Leon S. Kennedy is in the lab with her, but as she comes to she finds it is Philippe talking to her instead. The two are in a warehouse for B.O.W. storage, and though it is still dangerous Philippe insists they stay for a short while to recover their breath. He asks Ada who Leon is, having heard her muttering his name while unconscious, and assumes he to be someone she met in Raccoon City. Meanwhile, Christine switches through CCTV feeds, struggling to find Philippe and Ada on the monitor. Distracted, Jacob enters the room and kills her. Taking over the station, he calls out on the speaker to Philippe once more, and tries to talk him into getting the G-Virus, saying that it is wanted by militaries around the world who will pay any price. He expresses his own dissatisfaction with the French military; after graduating as an officer, he was assigned to a rural internal part of France. To sow discord, he tells Ada that Philippe had a criminal past involving drug trafficking, extortion and robbery. He talks of Phillip's brother, Paul, who became a 2nd Lieutenant at the age of 20 and was active in Africa with UN forces. Paul persuaded his thuggish brother to join the Army with him. In 1995 he did so, and was involved in an incident which got his brother killed. Philippe is so enraged to hear this he shoots at the speaker and camera. This fails, and Jacob continues talking, describing how Philippe brought his brother and a group of women into a car after consuming alcohol and drugs, and crashed it. Jacob presses a button to raise a shutter in the warehouse, sending Zombies into the room.

Transcript

Scene 1: Opening (オープニング)

Character/Action Line Translation
Narrator 「Tウィルスに汚染されたロワール村を焼き払いに赴いたフランス空軍 のフィリプ上等兵たちは、 産業スパイのエイダ・ウォンを助け、 ゾンビに追われ、 古城へ逃げ込んだが、 そこは、 アンブレラ薬品の秘密フランス支部であった。城主クリスチーヌの罠に落ちた二人は銃口を突きつけられ、 絶対絶命の危機に陥った」

Scene 2: Castle-saloon (古城・大広間)

Character/Action Line Translation
(SE)ガシャッと拳銃をスライドさせる音。 Gashya and the sound of a handgun sliding.
Christine 「地獄へお行き、 兵隊さん。ホホホホ、 マハハハハハハ!」 "Go to hell, soldier."
(SE)が、 次の瞬間、 ドアがバーン! と開いて、 ジャコブが飛び込んで来た。
Jacob 「そこまでだクリスチーヌ!」 "Christine's up there!"
(SE)バリバリバリッ! 短く作裂するマシンガンの銃声。 Baribaribari! Short burst of machinegun fire.
Christine 「キャーッ!」 *scream*
(SE)銃が弾かれ、 床に落ちる。 The gun stops and falls to the floor.
Phillipe 「隊長!」 "Sir!"
Jacob 「危なかったなフィリプ」 "She's dangerous, Phillipe."
Christine 「(呻いて)ど、 どう言うつもりジャコブ少佐。軍はアンブレラに協力する約束ではなかったの…Gウィルスをアメリカからこの城へ運ぶのを黙認する代わりに、 今後、 アンブレラ薬品は開発した生物兵器を優先的に軍へ回すと」 "W-what are you doing, Major Jacob? Didn't Umbrella and the army promise to collaborate? Instead of tolerating the transportation of the G-Virus from America to the castle, from now on, the army will get preferential support in the Umbrella Pharmaceuticals' bioweapons development."
Jacob 「約束はしたさ。だがGウィルスは運ぶ途中で消えた。後は誰が手に入れようと勝手だろ」 "We promised. But the G-Virus was lost in transport. I don't care who gets it afterwards."
Christine 「何ですって!?」 "What was that!?"
Jacob 「この城にいたお前の部下は全員俺が片づけた。お前も部下の所へ行け!」 "My team has wiped out your subordinates in this castle. You and your subordinates are to leave this place!"
(SE)バリバリバリッ! マシンガンが炸裂する。 baribaribari! Machinegun fire.
Christine 「キャ――――ッ!」 *scream*
(SE) ガシャーン! 窓ガラスを破り、 悲鳴を残しながら落ちて行くクリスチーヌ。
Philippe 「隊長!」 "Sir!"
(SE)窓へ走り寄る足音。
Phillipe 「庭に落ちた…どう言うつもりですが隊長!?」
Jacob 「いいからお前は、 エイダの体を探れ。 クリスチーヌも言ってたろ。この女はGウィルスを隱している。 それを取るんだ」
Phillipe 「しかし」
Jacob 「面倒なら、 死体にしてから調べてもいいんだぞ」
(SE) ガシャッ、 銃口を向けるジコブ。
Phillipe 「 隊長!?」 "Sir!?"
Jacob 「早くしろ…何をためらっているんだ。 本当に撃ち殺すぞ」
Phillipe 「止めろ隊長!」 "Stop it, sir!"
(SE)フィリプ、 ジャコブに体当たりする。 (SE) Phillipe rams Jacob.
Jacob 「ウワッ!」 *scream*
(SE) 同時に、 バリバリバリッ! マシンガンが炸裂して、 床に落ちる。 (SE) At the same time, baribaribari! Machinegun burst; falling to the floor.
Jacob 「何をするフィリプ! 貴様ッ!」
(SE)凄まじい格闘が始まる。
Phillipe 「エ、 エイダ!拳銃とマシンガンを拾って逃げろ!早く!」
(SE)マシンガンを掴み、 逃げるエイダの足音。フィリプもジャコブを殴り飛ばして逃げる。
Jacob 「ま、 待てフィリプ!…クソッ…」

Scene 3 (同・中庭(夜))

Character/Action Line Translation
(SE)ふくろうの鳴き声。
(SE)息せき切って走って来るフィリプとエイダ。
Phillipe 「どうしちまったんだ隊長は!? あんな奴じゃなかったのに」
Ada 「見て! クリスチーヌの死体がないわ。 ここに倒れた筈なのに」 "Look! Christine's body isn't there. She should have collapsed here."
Phillipe 「血の跡だ。 何こうへ続いている…」 "There's traces of blood. It's going to..."
(SE)よっくりと歩く足音。 (SE) Slow footsteps
(SE)途端、 地の底からゴオッという地響きが突き上げて来る。
Phillipe 「な、 何だ地震か!?」 "W-was that an earthquake!?"
Ada 「違うわ! 地面が、 地面が沈んでいるのよ!」 "No! The ground - the ground is sinking!"
Phillipe 「ターンテーブルだ! 俺たちはターンテーブルの上に乗っているんだ!」 "It's a turntable. We're on a turntable!"

Scene 4: Turntable (ターンテーブル)

Character/Action Line Translation
(SE) 轟々と降下するターンテーブル。
Phillipe 「…どこまで、 降りて行くんだ」 "...How far down are we going?"
(SE)衝撃音とともに降下が止まる。
Phillipe 「止まった」 "It's stopped."
Ada 「ここは… (息を飲む)」 "Here..."

Scene 5: Underground laboratory - corridor (地下研究所・廊下)

Character/Action Line Translation
(SE) 静寂の中に、 不気味に響く二人の足音。
Phillipe 「広い…ここは何かの研究所か?」 "It's huge... is this a laboratory or something?"
Ada 「そっくりだわ何もかもが」 "Everything looks like-"
Phillipe 「え?」 "eh?"
Ada 「ラクーンシティにあったアンブレラのGウィルスの研究所とそっくりなのよ」 "It looks just like the G-Virus laboratory in Raccoon City."
Christine 「ホホホホホホホ!」 "hohohohohohoho!"
(SE) 途端、 クリスチーヌの甲高い笑い声がスピーカーを通して響き度る。
Christine 「その通りよ。 ウィリアム・バーキンとアネットは、 そもそもここでGウィルスの研究をやっていたのよ」 "That's right. William and Annette, they were originally doing research on G-Virus here."
Phillipe 「クリスチーヌ、 生きていたのか!?」 "Christine, you're alive!?"
(SE) 近くのシャッターが上がって行く音。
(SE) シャッターが上がり切ると、ウウウ…呻き声が響いて、 大勢のゾンビこっちへ迫って来る。
Phillipe 「ゾ、 ゾンビだ!」 "It's a zo-zombie!"
Christine 「ホホホホホ、 研究者のゾンビよ。 噛まれたらたちまちゾンビになる。 それがいやだったら、 エイダ・ウォン、 Gウィルスを渡しなさい」 "Hohohohoho, It's a Zombie researcher. You become a Zombie when you're bitten. If that's so bad, please pass the G-Virus, Ada Wong."
Phillipe 「逃げろエイダ!」 "Run, Ada!"
(SE) バリバリバリッ! マシンガンを撃ち、 逃げる二人の足音。
(SE) ドアをバン!と蹴破り、 別の廊下へ出る。
(SE) 途端、 ズガン!ズガン! 統声が響きわたる。
Ada 「危ないッ!」 "It's too dangerous!"
Jacob 「(遠くから) エイダ!Gウィルスを寄越すんだ!」 "Ada! Hand over the G-Virus!"
Phillipe 「隊長!?…どこにいるんだ!?」 "Sir!? ...Where are you!?"
Jacob 「ククク…フィリプ、 エイダの体を調べるんだ。 早くしろ。 上官の命令が聞けないのか!?」 "Philippe, search Ada's body. Hurry. Can't you hear your superior's orders!?"
(SE)
Phillipe 「止めろ隊長!」 "Stop, Sir!"
Jacob 「アハハハハ!」
Christine 「(憎々し気に) ジャコブ…お前にGウィルスは渡さない。 エイダ、 ラクーンシティからはレオンと一緒に逃げられたけど、今度はそうはいかないわよ」 "Jacob... I will not give the G-Virus over to you. Ada, you were able to escape Raccoon City with Leon, but it won't be the same this time."
Phillipe 「レオン?」 "Leon?"
(SE)
Phillipe 「危ないッ」
(SE)
Jacob 「エイダの体を調べろフィリプ! グハハハハハハ!」 "Search Ada's body, Phillipe!"
(SE) ズガン!ズガン!
Phillipe 「クソ、 両方から。 逃げるんだエイダ!」 "Damn you both. Run away, Ada!"
(SE) 走る二人の足音。
※クリスチーヌの、 ジャコブの笑い声が響きわたる。 Christine and Jacob's laughs continue
(SE) 襲いかかるゾンビ。 ケルベロス。
(SE) 必死に逃げる二人の足音。 が次の瞬間、
Ada 「あ、 あ、ッ!」
(SE) エイダの悲鳴が長く尾を引いて。
Ada 「キャッ――――!」
Phillipe 「エイダーッ!」 "Ada!"
(SE) 足を滑らせ、 深い穴に落下するエイダ。

Scene 6: Ada's dreams (エイダの夢)

Character/Action Line Translation
※静寂。 Silence
どこからか囁くような男の声が聞こえて来る。 I can hear the voice of a man whispering from somewhere.
Voice (Leon) 「エイダ…エイダ…」 "Ada...Ada...
Ada 「レオン…」 "Leon..."
Voice (Leon) 「エイダ、 俺は警官だ。 君を守るのが俺の使命だ」 "Ada, I am a cop. It's my job to protect you"
Ada 「止めてレオン…」 "Stop, Leon..."
Voice (Leon) 「エイダ…エイダ…」 "Ada...Ada...
※その声に、 フィリプの声が被さる。 His voice covers over that of Phillipe's
Phillipe 「エイダ…エイダ…」 "Ada...Ada...

Scene 7: Underground laboratory -warehouse (地下研究所・倉庫)

Character/Action Line Translation
※急速に現実が戻って来る。
Philippe 「エイダ、 しっかりしろエイダ!」
Ada 「(意識が戻り) ウ…ここは?」 "Uh... Where am I?"
Philippe 「気がついたか。 倉庫だ。 足を踏み外して、 上の階から落ちたんだ。 まだ動かない方がいい。 怪我はしてないが、 少し休まないと」
(SE)静まり返り、 水滴がポッリポツリと落ちる音が反響している。
Philippe 「…エイダ、 レオンて誰なんだ?」 "...Ada, who is Leon?"
Ada 「え?」 "Eh?"
Philippe 「うわ言でその名前を繰り返して言ってた。 ラクーンシティからー緒に逃げた男か」 "You were muttering that name over and over. Was he a man who ran away from Raccoon City?"
Ada 「…」 "..."
Philippe 「言いたくないのか。 だったらいいが」 "You don't want to say? Well, if that's the case.."

Scene 8: Monitor room (モニター室)

Character/Action Line Translation
※ クリスチーヌがモニターでフィリプとエイダを探している。 Christine is looking for Philippe and Ada on the monitor.
Christine 「二人もどこへ行ったの?どこ?」 "Where did those two go? Where?"
(SE) 制御盤のスイッチを次々に入れる音。 (SE) Sound of control panel switches pressed one after another.
Christine 「あ、 いたわ。 フフ…あんな所に」
(SE) その時、 背後のドアが音を立てて開く。
Christine 「誰!?(愕然として)…ジャコブ!」 "Who!?... Jacob!"
(SE) ズガーン! 銃声が響く! Zugan! Echo of a gunshot!
Christine 「ウッ…」 "Ugh..."
(SE) ドサッと倒れる音。 Sound of falling and a thud.
Jacob 「フフフ…お姫様は大人しく天国で遊んでいろ」 "The Lady is quietly enjoying herself in Heaven."
(SE)スイッチを入れる音。 Sound of switches being flipped.
Jacob 「フィリプ…聞こえるかフィリプ」 "Philippe ... can you hear me Philippe."

Scene 9: Warehouse (倉庫)

Character/Action Line Translation
(SE)水滴の落ちる音。 スピーカーを通して、 ジャコブの声が聞こえて来る。
Jacob's voice 「フィリプ!」 "Philippe!"
Philippe 「隊長!?」 "Sir?"
Jacob's voice 「クリスチーヌは死んだ。残るはお前たち二人だけだ」 "Christine is dead. Only the two of you are left behind."
Philippe 「何!?」 "What!?"
Jacob's voice 「フィリプ、 Gウィルスは、 宝物だ。 どこの国の軍部も欲しがっている。手に入れれば、 どんな高値でも売れるんだ」 "Philippe, the G-Virus. It's a treasure. It's wanted by the military of any country. If you get it, you can sell it any high price."
Philippe 「!! そう言うことだったのか。 無線が急に通じなくなったのもテメェがわざと」
Jacob's voice 「その通りだ。 クリスチーヌと示し合わせてな。 だが途中で考えをえた。 何もGウィルスを彼女に渡すことはない。 独り占めにした方が得だとな。」
Philippe 「ジャコブ! 軍人の風上にもおけないヤツだ」
Jacob's voice 「何が軍だ。 士官学校を首席で卒業した俺を田舎の空軍送りにしやがって」
Philippe 「とにかく手前ェが何と言おうと、 彼女は渡さん」
Jacob's voice 「(大げさに) お、 フィリプ、 お前はいつからそんな立派な軍人になったんだ」
Philippe 「何?」 "What?"
Jacob's voice 「エイダ、 知ってるか。 その男、 フィリプ上等兵のことを。 そいつは、 かつてダニともゴロツキとも呼ばれた町のチンピラだった。 麻薬密売、 恐喝、 強盗、 何でもござれのな」 "Ada, do you know? That man, about Première classe Philippe. そいつは、 かつてダニともゴロツキとも呼ばれた町のチンピラだった。 麻薬密売、 恐喝、 強盗、 何でもござれのな"
Ada 「(驚いて) フィリプ…」 "Philippe..."
Jacob's voice 「ところがだ。 こいつにはポールと言う弟がいるんだが、 これが兄とは大違い。 真面目で優秀、 二十歳で少尉になり国連軍に加わり、 アフリカで大活躍だ」
Philippe 「(必死に抑えて)黙れ」 "Shut up."
Jacob's voice 「その上、 ポールは、 兄思いで、 チンピラの兄をいつも心配して、 足を洗え、 一緒に軍隊で動こう、 そりゃ一生懸命説得していた」
Philippe 「默れ…默れ!」 "Shut up... Shut up!"
Jacob's voice 「そして三年前、 とうとう事件は起きた。 麻薬密売でがっぽり儲けたこいつは、 女たちを引き連れ、 アフリカへゴージャスなシアーとシャレ込んだ。 弟にいい所を見せようとしてな。 そして弟を殺しちまったんだ」
Philippe 「默れッ!」 "Shut up!"
(SE) バリバリバリッ! マシンガンを乱射する。
(SE) カメラとスピーカーが吹っ飛ぶ音。
Jacob's voice 「ワハハハハ! カメラもスピーカーも、 それだけじゃないぞフィリプ! 久しぶりに再会したお前たちは、 酒を飲み、 ボールだ止めるのも聞かず、みんなを車に乗せ、 夜のドライブとシャレ込んだ。 そして事故を起こしやがった。お前も女たちも軽い怪我ですんだが、 弟だけは帰らぬ人となっちまったんだ」
Philippe 「クソッ…クソッ…(嗚咽)」 "Shit...Shit..."
(SE) バリバリバリッ!
Ada 「フィリプ…」 "Philippe..."
Jacob's voice 「そしてお前は軍隊に入った。 弟を死なせた負い目でな。 エイダを守ると言うのも、 その負い目からだ。 図星だろう。」
Philippe 「うるせェ!」
Jacob's voice 「いい度胸だだ。」
(SE) シャッターが開く音がして、 ウウウっとゾンビが出現する。
(SE) マシンガンを撃ちまくるフィリプ。
Ada 「フィリプ!」 "Philippe!"
Philippe 「来るんだエイダ! 俺は、 絶対お前を守る。 ここから脱出してみせる!」
(SE) マシンガンを乱射する音。
(SE) ゾンビの呻き声と迫る音。
(SE) そしてスピーカーから流れるジャコブの狂った笑い声で。

Gallery

Sources

Advertisement