History
Biology
Gameplay
Appearances
Gallery
Further notes

Ndesu with Plagas exposed (watermarked).

Ndesu are known for their size and durability, which is the result of the mutagenic effects of chemical secretions from the five Type 2 Plagas which were inserted into their bodies.[1][excerpt 1] Ndesu have a pale grey-brown skin hue, with white eyes lacking visible pupils.

Bibliography

Sources

excerpts
  1. Excerpt from "kaitaishinsho", p.268: "南欧の事件で数体が確認された、 寄生体の応用実験で生み出されたエルヒガンテと呼ばれる巨人をベースに、 B.O.W.として完成度を高めたもの。 十分に大型化した素体に5体のプラーガを寄生させることで、 それまでとは比較にならない耐久力の付与に成功している。 使用されたプラーガが指令を忠実に実行する改良種であるために、 難のあった制御の面でも格段の進歩をとげた。 ンデスは中部アフリカの伝承に残る、 巨体を誇る食人鬼の呼称。"
references
  1. kaitaishinsho, p.268.
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.