FANDOM


History
Biology
Gameplay
Appearances
Gallery
Further notes
Nemesis-T Type

First form

The Nemesis-T Type, while outwardly a T-103 Tyrant clone, has unique traits not shared by its brethren.

Intelligence Edit

Thanks to the Nemesis α parasite hijacking the body, Nemesis-T Type not only possess human-level intelligence, but it also demonstrates rational thinking and self-awareness, allowing it to solve complex tasks on its own, such as the handling of weaponry in combat.[1][excerpt 1]

Physiology Edit

Due to the chemical secretions of the Nemesis α parasite, the Tyrant host's skin has suffered from brown staining giving it a corroded appearance.[1] The secretions promote the regeneration of damaged tissue, though the effects of continual t-Virus exposure means that the more times Nemesis-T is injured, the greater it will mutate.[2][excerpt 2] Rather than possessing a Power Limiter, the Nemesis-T's mutations are theoretically kept in check by protecting its body with a thick coat designed to protect it from bullets and explosions.[1][2]

Further mutations Edit

Resident Evil 3 - Nemesis II

Second form

Resident Evil 3 - Nemesis III

Third form

When in the field, the Nemesis-T prototype suffered from severe mutations during its experiences in Raccoon City. Its coat was shredded when its rocket launcher exploded, and soon after it passed out in the burning ruins of the St. Michael Clock Tower. The explosion and subsequent fire injuries accumulated in its body, and caused further mutation. The Nemesis A's tentacles became larger to serve as a weapon, but at the cost of damaging the brainstem.[2]

At Incineration Disposal Plant P-12A, Nemesis-T was dropped into a vat of treatment chemicals designed for destroying biological waste. The Nemesis α survived, though the Tyrant's body was virtually destroyed. Having suffered catastrophic injury, the parasite transformed what remained of the body into a blob-like organism. Lacking functional limbs, it instead crawled on the ground, and with its damaged head became a mouth piece.[3][excerpt 3]

BibliographyEdit

SourcesEdit

exerpts
  1. Excerpt from Complete Conquest of Nemesis, p.78: "寄生生物「NE-α型」――通称ネメシスによって外部から悩を制御させることで、 T-ウィルスの副次的作用である知性の著しい低下を克服した最新B.O.W.。 ベースとなっているのは、 すでにある程度の完成度を持つ量産型タイラントだが、 被支配関係にあるネメシスが分泌する細胞賦活成分の影響で、 その外観はより怪物じみたものへと変容している。 思考能力は徒来のB.O.W.にくらべ格段に高く、 自己の判断で継続的に任務を遂行するほか、 ロケットランチャーなど専門的な知識を必要とする武装を、 状況に応じて使いわけることさえも可能。 全身を包むコートは防弾・耐爆仕様で、 万一の爆走を抑える拘束衣の役割をも果たしている。"
  2. Excerpt from Complete Conquest of Nemesis, p.79: "寄生生物ネメシスの分沁物により、 通常のタイラントをはるかに越える再生能力を獲得した追跡者「ネメシスーT型」であるが、 ふたつの生物が共存する関係上その遺伝情報は安定しているとは言いがたく、 肉体の損傷を治癒する過程で、 異形は加速度的に進行していく。 ダメージの蓄積により上半身のコートを失ったこの第2形態では、 拘束から解き放たれた触手が肥大して攻撃性を高め、 また延髄から中枢神経や脳幹を侵食するネメシス本体も大型化して、 危機的状況に適応を図っているのが見てとれる。 もはやその腕は火器の使用に適さない形状となったが、 複数の触手はそれをおぎなってあまりある強力な攻撃手段である。"
  3. Excerpt from Complete Conquest of Nemesis, p.80: "タイラントにしばしば発生する、 限界を越えたダメージによる形態の劇的変化と知能レベルの減退――この兵器としての致命的欠陥を、 ネメシス-T型はダメージ耐性の向上により解決したかに思われていた。しかし、 連動するタイラントの頭脳を破壊されるに及んで、 生存本能がアンブレラの施したコントロールを上まわり、 あらゆる制御が不可能な、 この暴走状態に突入したと推測される。その姿はもはや、 タイラントの原型をとどめてはいない。 欠損した手足は触手の異常発達によって代用され、 頭部はネメシスそれ自体が捕食・吸収のための器官を形成している。 急速に成長した巨体は、 タイラントとネメシスそれぞれの細胞が主導権を奪い合っていびつに変形し、 肩から背中にかけて膨れ上がった水疱からは、 処理ルームの廃液より取りこんだと思われる毒素を含んだ強酸性の膿が絶えずまき散らされている。異形となり果てた怪物に残る思考はただひとつ、 STARSの――ジルの抹殺のみである。".
references
  1. 1.0 1.1 1.2 Complete Conquest of Nemesis, p.78.
  2. 2.0 2.1 2.2 Complete Conquest of Nemesis, p.79.
  3. Complete Conquest of Nemesis, p.80.
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.