FANDOM


History
Biology
Gameplay
Appearances
Gallery
Further notes
Img-16

The T-001 prototype exhibited a number of negative characteristics which were seen as unsuitable for any mass-produced Ultimate Bio Weapon. Possibly created with a pre-ε strain of t-Virus, the T-001 had an exposed spinal column due to significant necrosis of tissue, which made it vulnerable to small arms fire.[1][excerpt 1] T-001 also exhibited a deterioration in both intelligence and its nervous system, which Umbrella USA believed to be caused by the viral dosage being too high and causing excessive mutation. The heart, believed to be its own, was also pushed out of the body and made exposed. Despite these setbacks, T-001 showed some promise as a bio-weapon prototype with it displaying superhuman strength, and the Tyrant Project continued its research.[2][excerpt 2]

BibliographyEdit

SourcesEdit

excerpts
  1. Excerpt from biohazard 0 KAITAISHINSHO, page 080:
    "究極の生命体を目指して開発が進められ、 圧倒的な戦闘能力と命令を遂行する知性を兼ね備えた人間ベースB.O.W.の完成型として"洋館事件"以降は量産にも成功することとなるタイラント——その完成間近のプロトタイプであり、 投与されたt-ウイルスの作用が強すぎたためか、 思考態力の発達が見られず育成の中止が決定された。外皮の腐敗が著しく、 背面は脊椎の一部が露出するほど皮膚がはげ落ち始めているが、身体機能や耐久性の点では実用化したタイラントと比べても見劣りせず、 廃棄処分を受けながらも信じがたい生命力を発揮して活動を再開した。馬上槍を思わせる石腕の巨大な爪に加え、 左手にも形状変化の兆候が見られることから、 のちの量産型が生命危機に瀕した際にリミッターを解除して移行する暴走モード(スーパー化)に近い、 極めて不安定な状態であると推測される。むき出しの凶暴性は、 むしろ完成品よりも"暴君"の名にふさわしい。"
  2. Excerpt from biohazard archives, p.187: "”究極の生命体”をめざして開発されたB.O.W.「タイラント」の試作型。t-ウィルスが被験者の体内で極度に作用したために、 命令実行に必要な知能の発達が見込めず、 皮膚の腐敗も顕著に見られる。 これを受けて、 完成を目前にして開発は中止され、 データ収集後に廃棄処理がなされた。完成型と同様に心臓が胸部に露出しており、さらに皮虜が腐れ落ちたことで脊椎までが露になっている。 外見的にも不完全さは否定できないが、 身体機能は完成型と比べても遜色なく、 試作段階から目標をクリアしていたことがわかる。 特に攻撃性の面では、 まるでリミッター解除後の完成型を彷彿させる凶暴さで、 驚異的な生命力を持っている。 そのため、 廃棄された後も不安定な状態のまま活動を続けており、 攻撃対象を発見すると俊足で接近。 異常発達した爪で襲し掛から。".
references
  1. Hamamura (ed), KAITAISHINSHO, p.80
  2. biohazard archives (2nd ed.), p.187.
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.