Resident Evil Wiki
Advertisement
Resident Evil Wiki

Raccoon City Again... is the second episode of BIOHAZARD 2 DRAMA ALBUM ~The Little Runaway Sherry~, a four part radio play series set in the aftermath of the Raccoon City Destruction Incident.

Plot

Early in the next morning, Lewis arrives at the local drugstore his father runs. When asked what he's doing in so early, he explains that he's been having trouble sleeping for a while due to some commotion outside. A customer ("Male Shopper A") interjects; there have been similar problems with residents John and Henry regarding some animal. The shopkeeper mentions having gone over to Steve's house the previous evening with a delivery. While steam was coming out of a pot in the kitchen, Steve wasn't around to prepare dinner. He reported it to Alan, but neither were able to find the man. A shopgirl relates the commotion to the recent events in Raccoon City. Reminded of the city's recent accident, Lewis brings up the strange way it simply burnt down. Mr. Finch, the town's Mayor, arrives in the shop. He shows signs of being overworked. One of the men in the shop brings up the girl - Sherry - who escaped from Raccoon, and how Guy helped Sheriff Alan look after her.

Mayor Finch enters the county sheriff's office, meeting Sheriff Alan and Guy inside. He asks where Sherry is; Guy reveals she and Meg are in the back room sleeping. Finch becomes frustrated that he cannot talk to her, and feels that the sheriff is keeping him out of the loop in information about Raccoon City, insisting that as the Mayor he should know. When Finch leaves, Guy shows irritation with him, pointing out that the police report hasn't even been written yet. He is reminded about the report, and asks Alan if it's true the missing man - Robert - transformed into a zombie. Moving back to Finch, the two agree that he only cares that the town is running smoothly so he can persuade the Umbrella Corporation to open a factory nearby.

Sherry and Meg come into the office through the backdoor; the two men offer them some soup in an adjoining room. Due to the incident the previous night, Alan wants to guarantee the girls' safety; Meg next-of-kin is an aunt in Toronto. Alan asks if Sherry has any relatives he can contact - she has nobody. Guy concludes her mother and father must have been killed in the incident, inadvertently saying this in front of Sherry. She tells him he is correct, and starts crying. Meg tries to comfort her, and the two leave their soups and head outside. Guy apologises to Alan for making her cry; Alan doesn't think he should be ashamed. Interested in Sherry's parents and Raccoon City, he suggests they keep the two girls with them and go over to investigate the ruins themselves.

Later, Alan is driving a police cruiser along the highway with Meg as his passenger. He points out military trucks along the way and a helicopter heading into the city. Soon they reach a checkpoint. A soldier orders them to turn back due to the road closure. Using his status, Alan tries to gain permission on law enforcement grounds; the soldier repeats that no one is allowed entry. The car u-turns back up the highway, but Alan is not done yet. He rationalises that there must be something else in Raccoon City; the army wouldn't be called in to put out a fire. Alan detours onto a rough mountain road to get past the road block unnoticed. Meg sees the red skies she saw the night before, indicating the fire consuming Raccoon City.

Inside Raccoon City, buildings are collapsing and rubble falls all over the place. The police car moves in slowly are carefully; Alan and Meg get out to investigate. She spots people in the distance wearing strange clothes; Alan identifies them with shock as being hazmat suits, suggesting they are dealing with something dangerous. He works out that they are part of the "epidemic prevention unit", a special forces unit tasked with fighting in environments subjected to chemical and biological warfare. Meg is still confused as to why they are there. A helicopter flies over and drops off more special forces troops via rope; they begin incinerating more of the city with flamethrowers. A soldier radios in his arrival to headquarters, and is warned to stay away from the T-virus. Listening in, Meg and Alan now have some idea what's happening. Five people walk out of a building the new team incinerated; Meg and Alan are disturbed by their disfigurements as their skin appears to peel off their faces, with one man missing an eye. The soldiers turn their attention to the five zombies and incinerate them, too. Alan believes what Sherry told him - Raccoon City didn't fall to a fire; it fell to the zombies and was then set on fire.

The two quickly get back to the patrol car as another helicopter flies overhead. Meg identifies it as the same one that attacked her; Jim and Sherry the previous night. Alan notices the Umbrella Corporation logo on its side. The car is subject to machinegun fire, and takes violent strafes to dodge. The car hits a tree at the edge of the forest and bursts into flames. Alan orders Meg to run through to safety while he distracts the helicopter.

Back in Stone Ville, Mayor Finch receives a telephone call from Umbrella, inquiring as to Sherry's location. They reveal her father's importance to the company. Finch makes a deal with Umbrella - he will hand Sherry over in exchange for a factory being built nearby.

In the sheriff's office, Guy offers Sherry some hot milk. She is anxious - she hasn't heard from Meg yet and it's almost dark. Guy cheers her up, saying that she'd be safe with Alan because he's lucky. His superior is described as being different for a small town sheriff, and he suspects Alan may have once been a city police officer. The wind outside picks up, and Sherry becomes anxious again when she hears the sound of a crow cawing.

Out in the forest, Meg has gotten lost. She hears the many wild sounds of the forest, from insects to owls to jackals. She hears a rustling noise in the bushes; she calls out to Sheriff Alan, but only hears an eerie sound respond. Asking who it is, she gets no reply; the sounds multiply and reveal their origin as a gang of zombies. Running from them, Meg soon finds she is encircled, letting out a final wail.


Transcript

Scene 1: Opening (オープニング)

Character/Action Line Translation
Narrator 人をゾンビに変えるTウイルスの蔓延で、 アメリカ中西部の町ラクーンシティは崩壊した。合衆国政府とアンブレラ薬品は、 付近一帯を封鎖し、 極秘に町を焼き払うことを決定したが、 そんなラクーンシティから逃げ出した謎の少女シェリーがいた。シェリーは途中で知り合っためぐともに、 ストーン・ヴィルの保安官アレンに保護されたが、 この小さな町ストーン・ヴィルでも既に異変は起きつつあったのだ

Scene 2: Stone-Ville drugstore, morning (ストーン・ヴィルの町・ドラッグストア・店内(朝))

Character/Action Line Translation
※ラジオから流れるディスクジョキーの声。
Radio DJ 「(やけに明るく)グッドモーニング!今日もいい天気だ。みんな、 頑張っているかな。今日はまずこの音楽からだ!」
(SE)流れ出るロックミュージック。
それにクロスして、 食器のぶつかり合う音や人のざわめきが聞こえ来る。
(SE)鈴の音がしてドアが開き、 ルイスが入って来る。
Lewis 「お早う親父さん」
Shopkeeper 「今日はやけに早いじゃないかルイス」
Lewis 「あ、。いつもやつを頼むよ。ベーコンはカリカリに。それからアスピリンをくれないか」
Shopkeeper 「何だ具合が悪いのか」
Lewis 「寝不足さ。このところ毎晩牛が騒ぎやがって」
Male shopper A 「お前ンとこもか。おれんちま、裏のヘンリー爺さんのジョンが吠えるんで参っちまってさ。鎖切って何処かへいっちまったからいいけど」
Shopkeeper 「おかしいのは動物だけじゃないぜ。町外れのスティーブの所に、 注文の品を届けた行ったら、 夕食の支度ができていて、 鍋から湯気が出てるのに、どこにもいないんだ。アレン保安官があちこち探したんだが、 いまだに見つからないらしい」
Shopgirl 「それもこれも、みんな、ラクーンシティの騒ぎが起きてからよ。はい、アスピリンと水」
Lewis

(SE)コップをカウンターに置く。

「ありがとう。けどラクーンシティの火災ってのも変だよな。火事であれだけの町がならくなるか」

(SE)ドアが開いて、 インチが入って来る。
Shopgirl 「あら、 フィンチさん」
Finch 「どうしたんだ、みんな、仕事もしないで」
Shopkeeper 「みんな、 不安なんですよ町長。このところの異変続きが」
Man A 「そういえば、 保安官助手のガイが昨日の夜
ラクーンシティから逃げて来た女の子を保護したって言ってたけど、 聞いたかい町長」
Finch 「いや。ラクーンシティから?」

Scene 3: County Sheriff's office/inside (郡保安官事務所・内部)

Character/Action Line Translation
(SE)警察無線から、 パトカーの交信が雑音のように聞こえて来る。
(SE)ドアが開いて、 フィンチが入って来る。
Finch 「お早う、 保安官、 ガイ」
Alan 「町長」
Guy 「おはようございますフィンチさん」
Finch 「ラクーンシティから逃げてきたとかう女の子を保護したそうだな。どこにいるんだ」
Guy 「奥で、 まだ寝ていますよ」
Alan 「何かあの子に?」
Finch 「いや別に。ただそういう大事なことは、 まず私に報告してくれんと困るじゃないか」
Alan 「はァ?」
Finch 「他の町は知らんが、この町は町長である私がすべてを仕切っている。
だから何でも知っておかなくちゃならん。分かるかね。
これだから余所から来た人間は困るんだ。じゃァな」
(SE)フィンチ、 出て行く。
Guy 「何ですかあの言いぐさは。でも保安官、 報告しなくてよかったんですか」
Alan 「ン?」
Guy 「ほらシェリーが言った、 ラクーンシティは火災じゃなくて、町の人間がゾンビになったから滅んだんだって」
Alan 「そんなことが言えるか。ゾンビだなんて。それに目下の町長の興味は、この町にアンブレラの工場を誘致することだからな。話したところで無視されるだけさ」
Guy 「そうですえ。もし誘致が決まれば、商売を手広くやっている町長はガッポリ儲かる寸法ですからr
(SE)その時、 奥のドアが開いて、 メグとシェリーが入って来る。
Meg 「お早うございます保安官」
Alan 「お、 眼が覚めたようだな二人とも。どうだ、 よく寝られたか。スープがあったまってるから、 隣の部屋へ行って飲むといい」
Guy 「味は保証しないよ。何しろ保安官が作ったスープだからな」
Alan 「こいつ(笑って)あ、 そうそう。二人ともしばらくこの町にいて貰うことになったぞ」
Meg 「え?」
Alan 「事件のメグが立つまで、 町から出すわけにはいかんのだ」
Meg 「私、 両親がいないからトロントの叔母の所へ行こうと思ってたのに」
Alan 「電話を入れておくんだな。シェリーは?」
Sherry 「え?」
Alan 「頼る人だ。例えば親戚の叔父さんとか…」
Sherry 「(小さく)ううん…誰もいない」
Guy 「困りましたね。お父さんとお母さんは、 ラクーンシティで、 今度の惨事に巻き込まれてたぶん命を落としているだろうし」
Alan 「ガイ」 Guy
※しゃくり上げるショリー。
Guy 「あ、 ごめん。思い出させるつもりで言ったわけじゃないんだ」
Sherry 「ううん。違うの。パパもママもラクーンシティで死んだけど、 巻き込まれたんじゃなくて…そうじゃなくて…」
※だがシェリーは、 それ以上、 何も言えず、
Sherry 「ごめんなさい…みんな私が悪いの。ごめんなさい!」
※シェリー、 大声で泣きはじめる。
Meg 「(同情するように)どう言うことシェリー? 自分が悪いだんんて」
Alan 「…分かったよシェリー。もう泣かなくていいから。さあ、 スープを飲んでおいで」
Meg 「(優しく)行こうシェリー」
(SE)二人、 部屋を出て行く。
Guy 「すみません保安官。余計なこと言って」
Alan 「あの子、 何か人には言えない心の秘密があるな」
Guy 「秘密?」
Alan 「うむ。多分両親のことで…とにかく今からラクーンシティへ行て来る。お前はここに残ってシェリーの面倒を見てくれ。俺はメグを連れて行く。彼女の家にももう一度寄ってみたいからな」

Scene 4: Highway (ハイウェイ)

Character/Action Line Translation
(SE)走るアレンのパトカー。運転するアレン。助手席にメグ。
Alan 「あ、 見て見て保安官、 あんなに沢山、 軍隊の車がラクーンシティへ向かって走って行くわ」
Alan 「ヘリもあんなに」
Meg 「あ、 検問は保安官!」
(SE)キキキーッ!急停車するパトカー。
窓を開けた途端、 無線で交信する兵士たちの声。走る軍靴の音。行き交う車の音。頭上を飛び交うヘリの音。それらが洪水のよう溢れ出て来る。
Soldier 「ここから先は通行禁止だ。引き返せ」 Traffic is closed from this point. Turn back.
Alan 「私はストーンヴィルの保安官だ。ラクーンシティに用がある。通してくれ」
Soldier 「駄目だ。誰も通すんとの命令だ。お、 い、 そっちの車も引き返すんだ!」
(SE)走り去る足音。とりつくしまもない。
Alan 「くそッ」 Shit
(SE)Uターンするパトカー、 走る。
Alan 「やっぱり只事じゃないぞ。ただの火炎なら、 こんなに軍隊が出動する筈がない。メグ、 一寸の間、 ケツが痛くなるが我慢してくれ」
(SE)次の瞬間、 キキーッ、 ハンドルを切り、 荒れ地に乗り入れる。パウンドするパトカー。
Meg 「キャーッ!」 Kyaa-
Alan 「捕まってろよ!」
(SE)悪路を疾走する音。メグの悲鳴。キキーッ!ブレーキの音。やがて舗装された道へ出て、 走る音か穏やかになる。
Meg 「空が真っ赤だわ。ラクーンシティが燃えている!」 The sky's all red. Raccoon City's on fire!

Scene 5: Raccoon City (ラクーンシティ)

Character/Action Line Translation
(SE)轟々と音を立てて、 炎上する町。瓦礫が崩れ落ちる。
(SE)パトカーがゆっくり来て、 停車。ドアを開けて、 アレンとメグが下りる。
Alan 「凄い。どこもかしこも燃えている。こんな大火災があるとは…」
Meg: 「保安官、 あれは何!? 字宙服みたいなの着てる人たちが向こうに大勢いるわ」
Alan 「(驚いて)陸軍の防疫部隊だ」
Meg 「防疫?」
Alan 「細菌兵器とか毒ガスなどの化学兵器に対処する特殊部隊だ」
Meg 「どうしてそんな部隊がここにいるの!?」
(SE)数機のヘリが頭上に飛来する。
Alan 「見ろ。まだ来る。ヘリから同じ恰好をした奴らが、ロープを伝ってどんどん下り来る。奴らの手に持っているのは火炎放射器だ。」
(SE)兵士たちの走る足音。
Soldier's voice 「(無線に)こちらブラックタイガー、 目標地点に到着!」 (On radio) Black Tiger, here. I've arrived at the destination!
Voice on radio 「こちら本部。Tウィルスに気をつけて、 作戦を開始しろ」 Headquarters, here. Pay attention to the T-virus; begin the operation.

(SE)次の瞬間、 グワーン!火炎放射器が火を吹いて、 ビルが炎上する。

Meg 「あッ、 まだ燃えてない建物に火をつけたわ。何でそんなことを!」
Alan 「今、 Tウィルスと言うってたな。Tウィルスってー体…」
Meg 「あ、 見て保安官! 燃えている建物の中から人が出て来たわ。一人、 二人、 三人…全部で五人」
(SE)ウウ…呻き声を上げ、 よたよたと歩く足音。
Meg 「(恐怖で)あ、 …あの顔は…肉が腐って、 皮膚が剥がれている!」
Alan 「あっちの奴は眼がない!」
(SE)次の瞬間、 グワーン!火炎放射器が火を放ち、 人々が火に包まれる。
Meg 「人が燃える!」 People are burning!

(SE)呻き声を上げながら、 炎上する人々。

Meg 「ひどい! な、 何で!?」
Alan 「違う。そうじゃないんだ…連中は、 連中はゾンビだ!」
Meg 「ゾンビ!?」 Zombie!?
Alan 「シェリー の言う通りだったんだ。ラクーンシティは火災じゃなくて、 町の人たちがみんなゾンビになって、 それで崩壊したんだ!」
Meg 「そんな!」
Alan 「パトカーに乗れメグ」 Get in the patrol car, Meg.

(SE)二人、 乗ると、 パトカーがスタートする。

(SE)と頭上にヘリが現れる。

Meg 「(ハッとして)昨日、 私たちを襲ったのと同じヘリだわ!」
Alan 「ボディにマークが書かれてる。アンブレラ薬品のマークだ!」

(SE)次の瞬間、 バリバリバリッ! 凄まじい機銃掃射。

Alan 「ウワッ!」 Uwa-
Meg 「キャーッ!」 Kyaa-

(SE)キキキーッ! ハンドルを切る。

(SE)執拗な機銃攻撃。

Alan 「そうか。分かって来たぞ。」

(SE)蛇行しながら必死に逃げるパトカー。攻撃を加えるヘリ。ついにパトカーは大木に激突して、 炎上する。アレン・メグ、 二人の悲鳴。

Alan 「(喘いで)メ、 メグッ、 森の中へ逃げるんだ!」
Meg 「保安官!」 Sheriff!
Alan 「早く行け! 俺はここでヘリを食い止める!」

(SE)ズガン! ズガン! 挙銃で応戦する。

(SE)息急き切って走るメグ。

Scene 6: Finch's Office (フィンチの事務所)

Character/Action Line Translation
(SE) Phone ringing
Finch 「もしもし、 フィンチです。如何でしたか、 例のシェリーと言う女の子… え?じゃァやっぱりあの子の父親が。多分そうじゃないかと、 いやァ連絡しておいて良かった…はい、 じゃァあの子をそちらへ…分かりました。直ちに手を打ちます。では呉々も工場誘致の件はよろしく。失礼します」
(SE) Phone hanging up
Finch 「よし、 これでいい。これであの子を渡せば、 我が町ストーン・ヴィルにアンブレラ薬品の工場を誘致できる。フフフ…」


Scene 7: Sheriff's Department/Inside (保安官事務所・内部)

Character/Action Line Translation
(SE)風に窓硝子がカタカタと鳴る。
Guy 「風が出て来。シェリー、 こっちへおいで。熱いミルクを入れて上げるから」
Sherry 「(不安に)メグたち遅い。もうじき夜なのに」
Guy 「アレン保安官がついてるから大丈夫だよ。あの人はとても頼りがいがあるんだ。 何故こんな田舎町の保安官になったのか、 分からないけど。きっと昔は、 もっと大きな町の警官だったに違いないさ」
(SE)風が一段と強まり、 カラスの鳴き声が聞こえて来る。
Sherry 「(不安に)メグ…保安官…」 Meg... Sheriff...


Scene 8: In the Forest (森の中(夜))

Character/Action Line Translation
(SE)虫の声。雑草を踏みしめ、 メグが来。
Meg 「道に迷ってしまったわ…ここはどこなの?」
(SE)ふくろうの鳴き声。山犬の遠吠え。
(SE)恐々と歩くメグの足音。
(SE)とガサガサッ、 茂みが鳴。
Meg 「誰? アレン保安官?」
(SE)ウウ…と不気味な声が聞こえて来。
Meg 「(恐怖)…誰なの?…誰なの!?」
(SE)呻き声は、 次第に数が増えて、 近づいて来て、 やがて姿を現した。
Meg 「その顔は…肉が腐って…ゾンビ! キャーッ!」
(SE)ダッと走り出す足音。
(SE)だがあちこちからゾンビの呻き声が聞こえて来る。
Meg: 「駄目!あっちからも、 こっちからもゾンビが…い、 いや…来ないで。来ないで…キャーッ!」
(SE)迫るゾンビのうき声に、 メグの悲鳴が被る。


Gallery

Sources


Advertisement