FANDOM


Report 090220

The report.

Report 090220 was filed by Ryan to the BSAA Remote Desktop on 20 February 2009.


TranscriptEdit

2009.02.20 18:06 Level.06

There was no progress for 2-3 days, but it was worth the wait.
Rey sent me a photo in which a certain man is reflected, Ricardo Irving.
He seems to be taking himself as a bussinessman, but in fact he's a B.O.W.s dealer.
The so-called "Merchant of Death".

Having him witnessed in the Kijuju Autonomous Zone, you can say the likelihood of bioterrorism in the same place has increased.

And upon further investigation, I found something interesting.
Looking at the records of entry and exit of the country, before the incident we're following Irving entered the country, he left America after the incident.
Of course, there's no concrete proof because he used a fake ID when he entered the country, in all of BSAA branches' case records and immigration records, it is said that Irving has dealt in the past with B.O.W.s and Bioterrorism with B.O.W. tendencies, futhermore, if you analyze the physical characteristics that are recorded, there's no mistake it's him.

Irving appeared at the end with the follow-up survey of event, in addition to being suspected of his involvement with the case.
There's no doubt that each event is connected by a single thread.
For now, let's keep in touch with the agent in charge of this case.

2009.02.20 18:06 Level.06

2〜3日進展がなかったが、 待った甲斐があった。
レイから送られてきた写真に写っていた男は、 あのリカルド・アーヴィングだった。
自身ではビジネスマンだとうそぶいているらしいが、 その実はただのB.O.W.の密売人。
いわゆる"死の商人"だ。
 
彼がキジュジュ自治区で目撃されたことにより、 同所でのバイオテロの可能性は高くなったと言える。
 
さらに調べてみたところ、 面白いことが分かった。
入出国の記録を調べてみると、 私が追っている事件前にアーヴィングらしき人物が入国、
事件後にアメリカを離れている。
当然、 入国の際には偽装したIDを使用しているので確証はないが、 全BSAA支部の事件記録と各国の入出国記録、アーヴィングが過去に取り扱ったとされるB.O.W.とバイオテロで使用されたB.O.W.の傾向、さらには記録に残る身体的特徴等から総合的に分析すると、 ほば間違い。
 
事件の追跡調査で行き着いた先にアーヴィングが現れ、 さらには事件への関与が疑われる。
それぞれの事象が一つの糸で繋がっていると考えて、 間違いないだろう。
とりあえず、 この情報は事件を担当したエージェントへ連絡しておくことにしよう。

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.