FANDOM



Research Facility Chief's Journal 1 is a file in Resident Evil: Revelations 2.

Transcript

Developing the T-Phobos virus turned out to be my lucky break.

The other researchers didn't see any merit in it. "A virus that triggers upon the subject feeling fear? Reacts to norepinephrine? That's useless," they said.

Fortunately for me, Alex didn't think so.



After reading my report on the virus, she became very interested in its unique properties, and made me the head of the research team. As we neared its completion she then made me the chief researcher.

Alex appreciates my genius. It's an honor to work for her.

今思えば、t-Phobosのプロトタイプを
発見できたことは、とても運が良かった。

人が恐怖したときに分泌される、
ノルアドレナリンに反応するウィルス。

それを見つけた時、研究所の仲間に話しても、
「そんなものは役に立たない」と一蹴された。

しかし、アレックス様は違った。



私の報告書に目を通されたアレックス様は、
その特性に深く興味を持たれ、
私を研究リーダーに抜擢してくださった。

t-Phobosが完成間近となり、その実績が買われて
所長の地位につけたのも、あの方のおかげだ。

アレックス様に貢献できたことを、
とても光栄に思う。

Gallery

Bibliography

Sources


Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.