FANDOM



Researcher's journal is a file found in the End of the road scenario of Resident Evil Outbreak File #2.

Location

This file can be found in the Nursery.

Transcript

September 2
The cultivation tanks have been breaking frequently this month during experiments. Yesterday, a co-worker needed 30 stitches as a result. Something must be done.

September 8
A titanium frame has been installed to reinforce the cultivation tanks. In the unlikely event of another breakage, the doors are set to lock automatically to isolate the threat.

Once the lock is set, it will only open when the sensors indicate that the life form in question is dead. This ensures that any dangerous life forms are contained within that room with no chance of escape.

There are two ways to open the lock. If the life form sensor is not deactivated, the door will remain locked until the creature dies. Short of an unlikely suicide, this method is unreliable.

September 16
We've recently taken on a new subject: the Hunter Mu, a smaller version of the regular Hunter. A number will be in our care for two weeks starting today.

The computer system has issued warnings that the power level is insufficient for proper containment. We've prepared a store of weapons for emergencies. I certainly hope they go unused.

9月 2日

実験体が培養ケースを壊す事故が、ここ一ヶ月の間多発している。
昨日は同僚が事故現場に居合わせ、30針を縫う大ケガを負った。
早急に対策を講じなければならない。

9月 8日

培養カプセル内壁に、チタン製のプロテクトフレームを取り付けた。
また万が一破られた場合に備え、連動して部屋の扉をロックするように設定しておいた。

いったんロックが掛かれば、実験体の生体感知センサーが作動している限り、内部からは開けられない。
実験体を培養室から逃さないための2重のロックというわけだ。

解除するには、生体センサーをOFFにする・・・すなわち、実験体が死ななくてはならない。
もっとも、彼らが自殺する事などありえないわけだが。

9月16日
新たな実験体「ハンターμ」を搬入。
通常のハンターをより小型化するための試験体だそうだ。
本日より2週間、培養室にて保管する。

添付資料には「パワーはやや劣るものの機動力や索敵能力は引けをとらない」とある。
カプセルの強度を増したとはいえ安心はできない。
いざという時のために、武器を用意しておいたほうがいいかも知れない。

Sources

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.