Resident Evil Wiki
Advertisement
Resident Evil Wiki

Resurrection of a Ghost is the fourth episode of BIO HAZARD DRAMA ALBUM ~The Doomed Raccoon City~ VOL.1, an eight part radio play series set during the Raccoon City Destruction Incident.

Plot

Later that night, a police cruiser turns up as confused neighbors watch on. Nick leads the two officers (Policemen "A" and "B") into the house, but they find no sign of the animals or Norman's body. Policeman "B" asks Nick if he has been drinking, suspecting he dreamt about monsters and woke up confused. Policeman "A" points out that while there are bloodstains, there is no sign of any body; "B" jokes that the body must have gone for a walk in the thirty minutes the house was unoccupied. A woman on the police radio calls in for car 3; Policeman "A" heads out to answer it. The woman brings up a new report that a man matching Norman's description has been sighted at the sawmill (製材所) four kilometers to the west of Raccoon City only ten minutes ago. Policeman "A" informs Nick of the good news, and goes on that the townspeople are still feeling anxious due to all the attacks on people and livestock; should Nick want to keep his job, he should probably not scare people so much by making these false reports.

Nick announces Norman's sudden recovery to Jim and Jane. They are hesitant to believe him, and Jane finds it strange that the police care more about keeping people quiet than actually investigating disappearances. This leads to an argument between the two, with Jane questioning Nick's willingness to ignore the lack of progress with his wife's disappearance. Nick ends up hitting Jane before driving off. Driving home, Nick becomes emotional at having realised what he has just done. Questioning his own belief in Norman, he decides to drive to the sawmill to find out for himself.

Arriving at the forest outskirts, Nick gets out of the car to explore the sawmill. In it he finds Norman alive, though with a deformed face. He recognises the man as a zombie, and tries to escape. As another zombie approaches outside, Nick runs into the nearby river, intent on swimming to the other side. He hears the groaning of an approaching female zombie, who he recognises as Anita.

Transcript

Scene 11: Same, front (later) - 同・表 (しばらく後)
Character Translation Original script
Scene 12: Same (inside) - 同・中
Character Translation Original script
警官A、 Bが捜査をしている。
Policeman A 「そっちはどうだ?」
Policeman B 「別に異常はない」」
Policeman A 「ニック、 本当にノーマンさんの死体を見たのか」
Nick 「嘘じゃない。 あの部屋の天井にクモがいて、 ノーマンさんをくわえていたんだ」
Policeman B 「ハハハ、 人間をくわえるぐらいでかいクモか。ニック、 お前、 また酒を飲んでいたんじゃないのか」
Jane 「そんな!」
Jim 「僕も見たんですから」
Policeman A 「分かった分かった。 しかし、 確かに血痕はあるが、 遺体がない以上、 どうしようもないだろう」
Policeman B 「君たちがここでノーマンさんの死体を見たのが三十分前。 と言うことは、 君たちがこの家を逃げ出し後、 死んだノーマンさんは生き返って、 どこかのこのこと散歩に出掛けたと言うわけだ」
Jim 「お巡リさん!」
その時、 表のパトカーの無線がコールする。
Female radio voice 「こちら本部。 こちら本部。 三号車、 応答願います」
警官Aが玄関を出て、 無線を受ける。
Policeman A 「こちら三号車」
Voice on radio 「目撃者が出たわ。 今から十分ぐらい前、 ラクーンシティ西4製キロにある村所へ向かう道を、 ノーマンさんらしき人が步いて行くのを見たと言ってるの」
Policeman A 「何だって?」
Voice on radio 「暗くて、 はっきりはしなかったと言ってるんだけど、 多分ノーマンさんだと」
Policeman A 「分かった(無線を切り、 怒ったように)ニック!ニック!話がある。 一寸来てくれ」
Policeman A 「ノーマンさんは生きてるぞ」
Nick 「そんな!」
Policeman A 「目撃者が製村所の近くで見たと言っているから間違いない。 どう言うつもりだニック」
Nick 「しかし」
Policeman A 「確かに最近、 この町では変なことが起きている。数人だが町の人間が姿を消したり、 家畜がひどい殺され方をしたり(急に声を落とし)しかし洋館であんな事件が起きた直後なんだし、 これ以上、 町の人を不安に陥れるわけにはいかんのだ」
Nick 「――――」
Policeman A 「お前だって仕事を失いたくないだろう。アンブレラ薬品の運転手の仕事を。 分かったな。大人しくしてるんだ。 あ、 い、 一旦署に戻るぞ」
Jane 「どうしたのお父さん、 何故警察帰ってしまったの」
Nick 「ノーマンさんは生きていたそうだ」
Jim 「そんな!」
Nick 「帰るぞジェーン」
Jane 「待ってよお父さん! どう言うつもり。お父さんは自分の眼で見たんでしょ、 ノーマンさんが死んでるのを」
Jim 「間違いないよ。 何を怖がっているんですかニックさん」
Nick 「何も怖がっちゃいない」
Jane 「嘘よ!警察に何か言われたんでしょ。余計なことに首を突っ込むなとかなんとか」
Nick 「そんなんじゃない!」
Jane 「じゃァ何なの。 お父さんっていつもそう。何かあると直ぐ逃げ腰になって。どうしてなの」
Nick 「(声が震えて) 止めないかジェーン」
Jane 「いやよ!お母さんの時だってそう。警察はロクに捜査もしないで、 それなのにお父さん何も言わないで。 お父さん、 お母さんを愛していなかったのよ」
Nick 「黙れ!」
Jim 「何するんですかニックさん!」
Jane 「お父さん」
Scene 13: Streets (night) - 街路(夜)
Character Translation Original script
Nick 「(独白) すまないジェーン…違うんだ父さんは…父さんは…」
Nick 「でもノーマンさんが生きてたなんて。間違いなく死んでいたのに…製材所へ行ってみよう」
Scene 14: Forest edge (night) - 森の入り口(夜)
Character Translation Original script
Nick 「目撃者はこの近くで見たと言ってたな」
Nick 「ノーマンさん! ノーマンさん! いたら返事をして下さい!」
Nick 「(ハッとして) ノーマンさん、 そこにいるんですか」
Nick 「ウワッ、 何だコウモリか」
Nick 「誰だ!?誰かいるのか!」
Nick 「ノ、 ノーマンさん……その顔は!?に、 肉が腐ってる!」
Nick 「やあろ。 こっちへ来るな。 来るな!」
Nick 「ゾンビ、 ゾンビ!」
Scene 15: Same, front (night) 同・表(夜)
Character Translation Original script
Nick 「あっちからも来る!こっちからも!」
Nick 「やめてくれ!やめてくれーッ!」
Nick 「お前は!?」
Nick 「ま、 まさか…アニタ!」
Nick 「嘘だ。 お前までゾンビになっていたのか!?アニターッ!」
Advertisement