FANDOM


Reynard Mail bk

The email.

Reynard Mail bk (レイナード Mail bk?) was an email sent to the BSAA Remote Desktop in February, 2009.


Transcript

2009.02.16(Mon) 19:23 from Reynard Fisher

Reynard Fisher is a member of the West Africa branch.
It is certainly a terrible situation in the Kijuju Autonomous Zone.

It has been exhausted, economically, after a long civil war; public feeling has also been devastated.
The recent regime change has ceased the war; confusion is going on still.

In the Kijuju Autonomous Zone itself, which has been in a relatively stable economic situation because there is a mine nearby, the situation had begun to change from the end of last year.

One of them is the murdered animals' corpses that was told in the blog, and especially noticeable is the xenophobic movement against foreigners.
It may be thought that it was inspired by the current administration pushing for extreme nationalism, but the situation is changing quickly.
Even the residents in the autonomous region are divided into two factions, the residents who follow the trend and the other, and there is constant trouble between the two.

In that, the murder cases aren't few.
In fact, the owner of the butcher's shop who was my information source, was killed last month.
(that was also written on Adam's blog)
I think this movement involves religious matters than political.

However, the spread of "Plaga" is not without the possibility of bioterrorism.
This country is politically unstable that it's the perfect place for terrorists' appearance.
Kijuju Autonomous Zone is no exception.
We don't see any people around here who are likely to be involved in bioterrorism at the moment, but the chances aren't zero.
Instead, I'm here because the possibility is high.

I'll keep your information in mind.
If there's anything again, I'll let you know.

2009.02.16(Mon) 19:23 from Reynard Fisher

西部アフリカ支部所属のレイナード・フィッシャーだ。
キジュジュ自治区だが、 確かにひどい状況だ。

内戦が長く続いたため経済的にも疲弊しているし、 人心も荒廃している。
最近、 政権が変わり戦火はやんだが、 それでもまだ混乱は続いている。

キジュジュ自治区自体は、 近隣に鉱山があるために比較的経済状態も良く安定していたが、 昨年末辺りから状況が変わり始めた。

教えてもらったブログにあった動物の惨殺体などもその一つだが、 特に顕著なのは外国人排斥の動きだ。
今の政権が極端な国粋主義を推し進めているから、 それに触発されたとも考えられるが、 それにしても情勢の変比が急すぎる。
自治区内の住民の間でもその流れに乗る住民とそれ以外の住民の2派に分かれており、 両者間のトラブルは絶えない。

その中で、 少なからず殺人事件も発生している。
事実、 俺が情報源の一人としていた肉屋の主人も、 先月殺されてしまった。
(そのことは、 アダムのブログにも書いあったな)
この動きは、 俺は政治的なものではなく、 宗教的なものも絡んでいるんじゃないかと考えている。

だが、 あんたの言うとおり"プラーガ"の蔓延、 つまりはバイオテロの可能性がないわけじゃない。
政情不安定なこの国は、 テロリストたちの格好の根城となっている。
キジュジュ自治区も例外ではない。
今のところバイオテロに関与していそうな連中はこの辺りでは見かけないが、 可能性はゼロではない。
むしろ、 可能性が高いからこそ俺がここにいるわけだ。

あんたからの情報は、 肝に銘じておこう。
また何かあれば、 連絡する。

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.