Resident Evil Wiki
Advertisement
Resident Evil Wiki

Sherry, Live! is the series finale of BIOHAZARD 2 DRAMA ALBUM ~The Little Runaway Sherry~, a four part radio play series set in the aftermath of the Raccoon City Destruction Incident.

Plot

Alan wakes up in the morning, still trapped in his office. While stretching, he is relieved nothing bad has happened in his sleep. Outside, he hears cars honking. Meg wakes up, wondering what all the commotion is. Alan concludes that the city is evacuating. Alan rushes to the door. Heading outside, he sees a large murder of crows flying over the city and damaging cars. A townsperson ("Townsperson 1") screams as their car collides with another and bursts into flames. Looking further, Alan finds zombies in the town. A car stops in front of the sheriff's department. The driver ("Townsperson 2") tells Alan he must leave immediately as there are too many zombies to handle. Alan heads back to the sheriff's office to get out of town with Meg and Sherry. Heading inside, he hears a zombie shambling inside, having gotten in behind him.

The sound of zombies becomes louder and louder as they move up to the door. The windows are broken. Sherry is awoken, screaming. Alan takes out a shotgun and fires at the window. Meg alerts Alan to the door. He fires again. With more zombies coming, the two girls are told to climb to the roof for safety and then commandeer a car. Alan has Sherry grab his hand to get up.

At the top, she gasps as she sees the entire town succumbing to the t-Virus. There are too many around for them to get to a car safely. Alan sees the nearby sawmill, and plans to take a truck from it and drive off to safety. A helicopter flies over, which Alan identifies as being from the Air Force, confirming that the US military is now aware of the situation. Meg waves, hoping they will see them and drop a ladder. Instead, the helicopter fires a napalm missile at the town, which quickly bursts into flames. Alan hears the zombies groaning through the flames. Remembering Raccoon City, Alan wonders if destroying entire towns is the military's default method. The sheriff's office catches fire; the three jump off the roof and into an alleyway.

From the alleyway, Meg looks back up at the sky; she sees another group of helicopters approaching, recognising them as the helicopters that dropped off the "epidemic prevention unit" to clear out Raccoon City. Alan is still armed, this time with an automatic weapon. Two people - "Townsman 1" and "Townswoman 1" - run down a nearby street looking for a safe place to hide; they are gunned down by the special forces team. The three witnesses know to stay hidden, but are still intent on going to the sawmill.

When the three arrive at the sawmill, they find its door has been locked. Instead, they are forced to climb through a wire mesh fence. Meg and Sherry make it through with the help of Alan, but he is left behind as the zombies approach. Low on time, Alan shouts out that the truck is in the garage. As the infected move in further, Alan gives up waiting and tells them to catch up with him later. As he fires at the zombies, the two girls run into the garage. Climbing in the truck, Meg finds that the keys were left in. She tells Sherry that Alan will be back soon, intent on waiting for a sign before driving out.

While waiting, they see a military truck pull over outside; men get out wearing gas masks. Sherry identifies them as men she saw in Raccoon City, who she believes to be hunting her. The two lay on the seats to hide; they hear the men breathing through their gas masks as they approach. The breathing then gradually declines, and the two are confident they eluded the men. The door suddenly opens up and Sherry is dragged out; Meg demands they release her. The USS agent is shot by Alan, who has finally returned in time to save them. Finch reveals that Umbrella was annoyed at Finch's incompetence and decided to catch Sherry themselves. More Umbrella agents approach and begin firing. Alan jumps into the truck and they get read to start it up. Meg sees one of the Umbrella agents throw a grenade, totalling the truck. Uninjured, the three are forced to leave town on foot for the time being. Moving back through the town they find the town in an even worse condition. Alan suggests heading over to the lumber yard and getting a boat from there.

The three find the river as they approach the lumber yard; they know they are on the right track because of the wood being floated down river to the sawmill. Meg suggests they float down the river by using the timber as rafts. Alan likes the idea, but decides to stay behind; as he was bitten, he risks spreading the infection past the town. He tells the girls that gasoline is being stored in the shed; he intends to use it. Meg insists he join them, but he resists.

Alan tells them about why he is a small-town sheriff. Seven years ago, in 1991, he was a cop for the New York Police Department. One night he and a colleague found themselves in a fierce gunfight with some street thugs, who were later revealed to be other police officers, having all been sent to the same address in response to a false report. The criminals they were to arrest were already dead. The three hear the town explode in the distance; zombies leave the town towards them, with helicopters in pursuit. Alan goes on, explaining that he moved to Stone-Ville as part of his own personal punishment, too ashamed to work for a city police. Alan is urged to fulfil his roles as sheriff before transforming; angered at Umbrella and the US military's cooperation, he wants to fight them in retaliation of their town destruction.

Meg and Sherry climb onto the raft. As the zombies get further, a helicopter strafes at Alan. He pours gasoline all over the place as the two girls set off downriver. Alan takes out a lighter and drops it to the ground. The building goes up in flames, taking a number of zombies and some USS along with it.

Transcript

Scene 1: Opening (オープニング)

Character/Action Line Translation
Narrator 「アメリカ中西部の町ラクーンシティを瞬く間に滅ぼしたTウィルスは、隣の小さな町ストーン・ヴィルにも襲いかかり、 町は全滅の危機にさらされていた。ラクーンシティからようやく逃げ出して来たシェリーは、 途中で知り合っためぐとともに再びこの町に閉じ込められ、 保安官のアレンが二人を守り、 必死の戦いを始めた」

Scene 2: Sheriff's office - centre (Morning) (保安官事務所・中 (朝))

Character/Action Line Translation
(SE)小鳥のさえずり (SE) Small birds tweeting
Alan 「(背伸びして)どうやら無事に夜が明けたか。メグ… (苦笑して)疲れてソファで寝ちまったか」
(SE)その時、 表で沢山の車が走る音と、 クラクションの音が響き渡る。
Alan 「何だあの音は!?」 "What's that noise?"
Meg 「保安官」 "Sheriff"
Alan 「目が覚めたのか。メグはそこにいる。俺が窓から見てみる。どう言うことだ。町の連中が大勢、 車で町を出て行くぞ」
(SE)アレン、 ドアへ走り、 開ける。車の音が一斉に大きくなる。
Alan 「どうしたんだみんな!? 何故慌てて町を出て行くんだ!?」
(SE)その時、 無数のカラスが鳴きながら飛んで来る。
Alan 「何だあのカラスは、 あんなに沢山…ウワッ! カラスが車に襲いかかった。ないッ!」
Townsperson 1 「ウワッ! 放せ、 ッ!」 "Uwa! Let go!"
(SE)キキーッ! グアーン! 車が衝突して、 爆発炎上する。
Alan 「何てこった! 車どうしがぶつかって…」
(SE)続いて、 ウウウ…大勢の呻き声が聞こえ、 ズルズルと這いずる音。
Alan 「あ、 あァッゾンビだ! ゾンビがあんなに…」
(SE)キキキーッ! 一台の車がアレンの前に急停車して、
Townsperson 2 「逃げろ保安官! もうこの町はおしまいだ。 ゾンビが大勢こっちへ来る。凄い数だ。早く逃げるんだ!」
(SE)再び猛然として走る去る乗用車。
Alan 「そんな…メグ! シェリー!」
(SE)事務所の中へ走り込む足音。
(SE)ウウウ…ズルズル…無数のゾンビが迫って来る足音で。

Scene 3: Sheriff's office - middle (morning) (保安官事務所・中(朝))

Character/Action Line Translation
(SE)ゾンビの唸り声が高まり、 ドン!ドン!と、 ドアにぶつかって来る音。
(SE)ガッシャーン! 窓ガラスが割れる音。
Sherry 「キャアー?」 "Kyaa?"
Meg 「ま、 窓が!? ゾンビが入って来る!」
Alan 「このォッ!」
(SE)ショトガンを撃つ。吹っ飛ばされるゾンビ。
(SE)バキバキバキ! (SE) Bakibakibaki!
Meg 「保安官! ドアが!」
Alan 「クソ!」 "Shit!"
(SE)ショトガンを撃つ。撃つ。
Alan 「駄目だ! いくら撃ってもキリがない。そうだ。屋根から外へ出て、 車まで走るんだ。手伝えメグ、 テープルをそこの窓へ押しつけろ」

Scene 4: Same, roof (同・屋根)

Character/Action Line Translation
※屋根に上がって来るアレン、 メグ、 シェリー。
Alan 「私の手を掴むんだシェリー、 いいか、 それ」
(SE)風の音。下からゾンビたちの唸り声が沸き上がる。
Sherry 「見て。ま、 町中がゾンビだらけ……!」
Alan 「まるで、 地獄だ。これじゃ、 下へ降りて車に辿りつく前に襲われちまう」
Meg 「どうしたらいいの」
Alan 「屋根伝いに行って路地を抜ければ、 町長のフィンチが経営してる製材所がある。そこに、 古いトラックがあったはずだ。あれで脱出しよう」
(SE)その時、 前方から複数のヘリが飛来する。
Meg 「あれは!?」
Alan 「空軍のヘリだ! 助けに来てくれたんだ!…お、 い、 こっちだ!」
Meg 「助けて! ここよ!」
(SE)が次の瞬間、 ヘリからすパーム弾が発射された。
(SE)グワーン! 直撃を受けた町が、 たちまち炎上する。
Alan 「ど、 どう言うつもりだ!? ナパーム弾を発射したぞ!」
(SE)炎の中、 呻き声を上げて焼かれて行くゾンビたち。
Alan 「まさか、 町ごと焼き払うつもりなのか!?」
Meg 「保安官、 こっちにも、 火が!」
Alan 「逃げろ! 飛び降りるんだ!」
(SE)屋根を走る三人。飛び降りる。


Scene 5: Alley (路地)

Character/Action Line Translation
(SE)轟々と炎上する町。
Alan 「(茫然と)な、 何てことだ。俺たちの町が、 ストーン・ヴィルが滅びる……」
(SE)その時、 上空に再びヘリが飛来する。
Meg 「見て! 防疫服を来た連中がヘリから、 ロープを伝って次々に下りて来る。

ラクーンシティで見たのと同じだわ」

Sherry 「お姉ちゃん…」 "Sis..."
Alan 「手に自動小銃を持っている。一体何をするつもりだ!?」
(SE)そこへ別の足音が駆け出て来る。
Townsman 1 「た、 助けてくれ!」 "h-help me!"
Townswoman 1 「お願い!」 "Please!"
(SE)同時に、 バリバリバリ! 防疫服か銃撃する。
Townsman 1 「うわあ!?」 "uwa!?"
Townswoman 1 「キャアー!?」 "Kyaa!?"
Alan 「い、 生き残った市民を、 軍隊が……口封じか!?」
Sherry 「私たちも殺されるのお姉ちゃん!」
Alan 「(怒りで)そんなこと絶対にさせるものか! 製材所に急ぐんだ!」

Scene 6: Sawmill (製材所・表)

Character/Action Line Translation
(SE)走り来るアレン、 メグ、 シェリー。
Meg 「ここが製材所ね。グメだわ。入口があんな大きな扉で閉ざされてる」
Alan 「そこの金網を乗り越えるんだ。俺の肩に乗れ」
(SE)金網にとりついたメグとシェリーが、 相次いで内側へ。
Alan 「大丈夫か二人とも」
(SE)ゾンビの呻き声が近づいて来る。
Sherry 「ゾンビよ! 保安官も早く!」
Alan 「先に行けメグ。トラックはガシージだ」
Sherry 「保安官!」
Alan 「この…ウワッ放せッ! は、 早く行くんだ二人とも。必ず後から追いつくから。こいつッ!」
(SE)ズガン! ズガン! (SE) Zugan! Zugan!
Meg 「保安官!」 "Sheriff!"
(SE)走る二人の足音。

Scene 7: Same, garage (同・ガレージ)

Character/Action Line Translation
(SE)走り来るメグ、 シェリー。
Meg 「あったわ、 トラックよ!」
(SE)駆け寄り、 トラックに乗る二人。
Meg 「良かった。キーが差したままだわ。早く…保安官、 早く来て」
(SE)とそこへ、 表に次々に軍用トラックが走って来て、 急停車する。
Meg 「トラックだわ。あんなに沢山。何をするつもりかしら。人が下りて来たわ」
(SE)トラックから次々に飛び下りる足音。
(SE)シュー、 シュー、 不気味な息の音が響き渡る。
Meg 「何あの人たち、 ガスマスクみたいな覆面つけて」
Sherry 「私、 あの人たちをラクーンシティで見たことがある。アンブレラよ。きっと私たちを探しに来たんだわ」
Meg 「こっちへ来るわ。シートの下に隠れるのよ!」
(SE)シュー、 シュー!

ガスマスクから漏れる呼吸音が、 不気味に響き渡り、 男たちが、 近づいて来る。

Sherry 「お姉ちゃん」 "Sis"
Meg 「シッ…」
(SE)やがて男たちの息が遠のいて行く。
Meg 「行ったみたいだわ。もう大丈夫」
(SE)途瑞、 トラックのドアが開き、 シュー、 シュー! 間近で呼吸音が響く。
Sherry 「キャッ! 助けてお姉ちゃん!」
(SE)シューッ、 シューッ!
Meg 「何するの!? シェリーを放して! 放して!」
(SE)ズガン! 被弾して、 アンブレラが吹っ飛ぶ。
Alan 「大丈夫かメグ! シェリー!」
(SE)アレンの足音が走り寄って来る。
Meg 「保安官!」 "Sheriff!"
Alan 「町長のフィンチじゃあてにならないから、 アンブレラ自らシェリーを捕まえに来たのか」
Meg 「また来るわ!」
(SE)シュー、 シュー! 走って来る足音。バリバリバリッ! 自動小銃をブッ放す。
Meg 「キャーッ!」 "Kyaa!"
Alan 「早くトラックへ乗るんだ!」
(SE)が次の瞬間、 カラン…金属の何かが転がる音。
Meg 「手榴弾だ!」
(SE)グワーン! 爆発
Meg and Sherry 「キャーッ!」 "Kyaa!"
Meg 「大丈夫か二人とも! クソッ、 トラックがやられた。走って逃げるんだ!」
(SE)三人、 走り出す。

Scene 8: The Town (町中)

Character/Action Line Translation
(SE)走り来アレンたち。
(SE)無数のゾンビの呻き声が沸き上がる。
Meg 「駄目よ。こっちはゾンビで一杯だわ!」
Alan 「クソ! 完全に挟まれた。材木置場だ! あの裏に、 貯木プールがある。そこから、 川に!」

Scene 9: Timber Yard (材木置場)

Character/Action Line Translation
(SE)川の流れる音。走って来る三人。
Alan 「あそこだ! 早く!」
(SE)踏み板を鳴らして来る。
Sherry 「材木が一杯浮かんでいる」
Alan 「川から運んで、 ここへ集めているんだ」
Meg 「見て保安官。あのイカダに組んだ材木なら、 三人は乗れるわ」
Alan 「いや、 俺はここに残る」
Meg 「どうして!?」
Alan 「見てれ、 この腕。ゾンビに噛みつかれると、 その人間もゾンビになる。そうなんだろうシェリー」
Meg 「嘘ッ!本当なのシェリー」
Sherry 「保安官…」 "Sheriff..."
Alan 「心配するな。二人を逃がすためらな、 たとえ何があろうと最後まで戦ってやる。あそこの物置にガソリンがある。そいつを使って」
Sherry 「いや、 いやッ!」
Meg 「そうよ。一緒に逃げて保安官」
Alan 「メグ…シェリー…二度と、 二度と俺は負けたくないんだよ」
Meg 「え?」 "Eh?"
Alan 「七年前……俺は、 ニューヨーク市警にいた。ある夜チンピラをとり抑えようとして、 応援に駆けつけた同僚と一緒に追いつめ、 殺してしまったんだ」
Meg 「そんな」
Alan 「私は自首しようとした。だが、 その時はもう同僚たちが口裏を合わせ、 チンピラは最初から死んでたという嘘の報告をした後だった‥結局、 私も言も警えなかった。察という組織を、 仲間を裏切って、 敵に回すのが怖かったんだ!」
(SE)遠くから町の炎上する音が聞こえて来る。
Alan 「それ以来私は、 罪の意識に苛まされ、 こんな田舎町まで流れて来た。だから、 だから…」
(SE)ゾンビたちの唸り声が近づいて来る。
(SE)ヘリの音も聞こえて来る。
Alan 「こんなことをする軍隊を、 アンブレラを許すわけにはいかないんだ」
Meg 「保安官」 "Sheriff"
Alan 「自分たちの過ちを隠すために、 こんな小さな女の子を追い回し、 一市民まで平気で抹殺して、 町ごと焼き払うなんて....俺はとことん、 そんな奴らとは戦ってやる!」
(SE)益々近づくゾンビの声。
(SE)ヘリの音。
Alan 「行けメグ! 俺の代わりに、 シェリーを守ってくれ! 行くんだ!」
(SE)
Sherry 「キャーッ!」 "Kyaa!"
Meg 「いかだにつかまるのよシェリー!」
(SE)いくつもの材木がぶつかり合い、 流されて行く。
(SE)ゾンビの声が近づく。ヘリも現れる。シューシューと言う音も。
Alan 「しっかり生きて行くんだぞメグ…シェリー! さァ来いゾンビ! アンブレラ!」
(SE)ズガン! ズガン! 銃が火を吹く。
(SE)同時にヘリが飛来して、 バリバリバリ! 機銃掃射される。
Alan 「ウワッ!」 "Uwa!"
(SE)吹っ飛ぶ。
Alan 「ク、 クソッ! まだだ。ま、 まだ死んでたまるか。ガソリンを御馳走してやる。来い。まっとこっちへ来るんだみんな」
(SE)ガソリンを撒く
(SE)シュー、 シュー…
Alan 「そ、 そうだ。その調子だ。いいか、 火をつけるからな」
(SE)ライターに着火する音。
Alan 「ア、 アンブレラ……お前たちが作り出したゾンビと仲よく地獄に堕ちろ!」
(SE)ガソリンに引火、 大爆発、 炎上する。
Alan 「メグッ! シェリーッ…ウワーッ!」
(SE)炎に包まれた特殊隊員やゾンビたちの絶叫が響いて。

Scene 10: Mountain stream (谷川)

Character/Action Line Translation
(SE)川の音。遠くで貯木プール炎上する音。
Meg 「あ、 ッ、 貯木プールに火柱が…」
Sherry 「死んじゃったの!? 保安官は死んじゃったの!?(ワッと泣きだす)」
Meg 「泣かないでシェリー。保安官は私たちを助けるために、 最後まで戦い抜いたんだから」
Sherry 「お姉ちゃん…」 "Sis..."
Meg 「元気を出すのよシェリー…あなたのために命を落として行ったアレン保安官や大の勢人たちを思ったら、 諦めちゃいけないのよ」
Sherry 「お姉ちゃん……」 "Sis..."
Meg 「生きるの。生き抜くのよシェリー…」
Sherry 「お姉ちゃん……お姉ちゃん」
(SE)泣きながらメグの胸にすがり付いていく。
Meg 「カナダへ行きましゃう。私の叔母さんのく所へそこへ行って、 落ちついたら、 あなたがはぐれたクレアを一緒に探しましゃう。きっと見つかるわ」
Sherry 「うん!」
(SE)川のせせらぎが、 つかのまの静けさをたたえていた。

Sources

Advertisement