Resident Evil Wiki
Advertisement
Resident Evil Wiki

Sherry, the Devil's Child (悪魔の子・シェリー akuma no ko sherī?) is the third episode of BIOHAZARD 2 DRAMA ALBUM ~The Little Runaway Sherry~, a four part radio play series set in the aftermath of the Raccoon City Destruction Incident. It aired on Radio Osaka's Iizuka Mayumi no MEGA-TON Smile show on 21 February 1999.

Plot

The zombies move towards Meg; her pleads for them to stop go unnoticed. Meg steps back, kicking a stone down a ledge. The zombies move closer still as she stops retreating. Someone fires a gun and a zombie falls over; it is revealed to be Guy, having gone out with Sherry to look for her. The two run up to check if she is OK, but fail to see the other zombies. Guy fires again, calling for Meg and Sherry to run away. As he joins up, the sound of the zombies disappears, replaced by hooting owls and chirping insects. Meg thanks Guy for saving her in the forest; he modestly sweeps it away as them happening to find Alan's wrecked cruiser. More movement is heard from the forest, and Alan arrives. With so many zombies roaming through the forests, Alan feels the need to call in the county police as well as warn the inhabitants of Stone Ville.

An emergency town meeting is called at the sheriff's department. Alan gives the townspeople only two options to solve the crisis: equip themselves with guns to defend themselves, or evacuate the town. A man ("Townsman 1") chooses to arm himself, adamant that their quiet town remain peaceful; a woman ("Townswoman 1") decides to flee, believing that whatever destroyed Raccoon City is too great for them to handle. Mayor Finch objects: so that everyone gets rich from the opening of a new Umbrella factory, they all have to remain quiet about this incident. Alan points out what Sherry told him about Umbrella being the creators of the T-Virus. Finch's apology for Umbrella is that it was the work of a single researcher, and not the company as a whole, seeking to blame everything on Dr. William Birkin. Finch informs the others that that researcher is now dead so they have no one left to blame; he also brings up that Umbrella wants Alan to hand over Sherry before their deal can go through. Finch clarifies to a confused Alan that Sherry is Dr. William Birkin's daughter. The townspeople are shocked by this revelation.

Back on the highway, Guy drives a police cruiser. It will take three hours for him to reach police reinforcements. Seeing something by the road, he stops. Looking out down the road, Guy sees a black mass wriggling along the road. Focusing, he realises they are rats - giant black rats. A branch breaks in the woods, possibly from the sheer weight of them all.

Back at the sheriff's department, Mayor Finch continues his demands, labeling Sherry's new friend Claire a criminal by association of helping her out of the city. Sherry defends Claire, but accepts the crimes of her parents; Finch declares her to be the child of the devil, who must be taken out of the town and handed over to Umbrella. He earns the support of other townspeople, who become angered. Meg is angered by their hostility and brands the crowd "shameless"; their groans quieten down. She attacks the very notion that Sherry should be blamed for her parents' actions and be treated as though she was the perpetrator. Finch regains support by asking if the audience would really protect a stranger.

Alan shoots into the air to get everyone's attention. He will not be handing anyone over. The townspeople no longer care what the sheriff has to say, and move in on Sherry. Alan fires again and the three run into his office. As the townspeople bang on the doors to get in, Meg pushes a table in the way and Sherry moves towards the window.

Back on the highway, Guy sees a Cerberus leave the woods. A distant growl suggests more creatures are approaching. He fires at the encroaching animals, but is unable to protect himself from them and is attacked.

In the sheriff's office, Meg gets Alan some coffee so he stays awake. Despite the trauma, Sherry is sleeping. Meg reveals why she was living with her grandfather: her father was a violent alcoholic who would attack her and her mother. When Meg was ten years old, her mother ran away, leaving Meg behind to be beaten more. The next year her father was killed by a drunk driver. She would like to meet her mother again in New York, but she is still hurt by the abandonment.

At Finch's house, the Mayor receives a phone call in his study. Umbrella wants an update on the situation with Sherry; he apologises for failing to take her away from the sheriff, but is told bluntly that she isn't needed right now. The contact then hangs up - or the phone is disconnected - much to the confusion of Finch. Hearing a noise outside, Finch opens the door to investigate. A man walks up to the door, refusing to talk to him. When Finch sees the rotting flesh on the man's body it is too late, and he is grabbed and bitten.

Transcript

Scene 1: Opening (オープニング)

Character/Action Line Translation
Narrator Tウィルスで崩壊したアメリカ中西部の町ラクーンシティから脱出した謎の少女シェリーは、 途中でめぐと知り合い、 ストーン・ゔぃるの保安官 アレンに助けられたが、 それも束の間、 この小さな町にも、 Tウィルスの魔の手は近づきつつあった

Scene 2: Forest (Night) (森(夜))

Character/Action Line Translation
(SE)複数のゾンビの呻き声。這いずる音。
Meg 「いやァ…来ないで…来ないで!」
(SE)後ずさるメグが踏んだ石くれが、 崖を落ちて行く音。
Meg 「あ、 ッ、 後ろは崖。もうどこにも逃げられない」
(SE)グワッと迫るゾンビの声。
Meg 「キャーッ!」
(SE)同時に、 ズガン! ズガン! 銃声が響き、 ドサッとゾンビが倒れる。
Guy 「(遠くから)メグッ!」
Sherry 「(同じく)お姉ちゃん!」
(SE)二人の走る足音が近づいて来る。
Meg 「シェリー!? ガイ!?」
(SE)だが再びゾンビが迫る音。
Meg 「キャーッ!」
Guy 「(近くで)この化け物が!」
(SE) ズガン! ズガン!
Guy 「逃げるんだメグ! シェリー!」
(SE)銃を乱射しながら、 走る足音。やがてゾンビの声が遠のき、 ふくろうや虫の声が戻って来る。
(SE)息急き切って走って来た三人、 立ち止まる。
Meg 「(へなへなと)た、 助かった…ありがとうガイ。とくここにいるのが分かったわね」
Guy 「礼を言うなら、 シェリーに言うってくれ。二人の帰りが遅いから、 シェリーがどうしても様子を見に行くって聞かなくて。それで森の入り口まで来たら、 保安官のパトカーがひっくり返ってるだろう。びっくりしちまって」
Meg 「(涙声で)そうだったの。ありがとうシェリー…ありがとう」
Sherry 「ううん。だって…もういやなの、 私のせいで、 私のせいで人が死めのを見るのは」
Meg 「私のせい? どう言うことなのシェリー」
Sherry 「お姉ちゃん(泣きながら、 抱きつく)」
(SE)その時、 森の中ら走る足音が近づいて来る。
Guy 「(ハッとして)誰だ!?…あ、 アレン保安官だ!」
Alan 「(走り寄り)良かった。無事だったかメグ。銃声が聞超えたんで、 こっちじゃないかと思って。とにかく急いで町へ帰ろう。ガイ、 車は?」
Guy 「この先に止めてあります」
Alan 「俺たちを町まで運んだら、 その足で郡警察へ行って応援を呼びんだ。森の中はゾンビで一杯だ。みんなストーン・ヴィルに何かっている」
Guy 「分かりました」

Scene 3: Stone Ville Sheriff's Office table (Night) (ストーン·ヴィル 郡保安官事务所・表(夜))

Character/Action Line Translation
(SE)住民たちの不安なざわめき。
Alan 「落ちつくんだみんな。森の中には、 かなりの数のゾンビがいる。銃を取って戦うか、 この町を捨って避難するか、 どちらかに決めなくてはならん」
Townsman 1 「冗談じゃない。簡単に生まれ育った町を捨てられるか。俺は戦うぞ!」
Townswoman 1 「何言ってるのよ。ラクーンシティは潰れたのよ。そんな連中に勝てるわけないじゃない。逃げるしかないわよ」
Finch 「どう言うつもりだ保安官。これからアンブレラ薬品の工場や研究員が建ち、 みんなの生活が豊かになると言うのに、 こんなバカなことで騒いで」
Alan 「しかしそのアンブレラ薬品が開発したTウィルスがもとで、 人がゾンビに」
Fich 「そのことは、 私もさっきアンブレラ薬品から聞いた。しかしTウィルスは会社の意思ではなく、 いち研究員の勝手な実験で生まれたものらしいのだ」
Alan 「いち研究員の?」
Finch 「だが作り出した研究員は死んでしまって、 今ひとつ真相が掴めばい。そこでアンブレラ薬品は、 我々に手を貸してくれと言って来た。保安官が保護しているシェリーと言う娘を引き渡して欲しいと言うのだ」
Alan 「何だって!?」
Sherry 「(恐怖に)お姉ちゃん」
Finch 「Tウィルスを作り出した研究員と言うのは、 シェリーの父親ウイリアム・バーキンと、 その妻のアネットだったんだ」
(ガヤ)「そんな!」「本当なのか保安官!?」

Scene 4: Highway (Night) (ハイウェイ(夜))

Character/Action Line Translation
(SE)走る車の音。運転するガイ。
Guy 「くそォ、 夜の森の中は見通しが利かなくて参るぜ (腕時計を見て)郡警察まで、 後三時間ぐらいか…あ、 あれは何だ!?」
(SE)キキキーッ! 車を急停車させ、 ドアを開け、 下りて来るガイ。
(SE)虫の音。ふくろうの鳴き声。
Guy 「道路の上を…大きな黒い固まりがうごめいている。何なんだあれは…」
(SE)ザワザワザワ…無数の小さな足音が聞こえ、 つづいて無数の鼠の鳴き声。
Guy 「あ、 ッ鼠だ! 鼠があんなに一杯、 道路を横切って一方へ走って行く。な、 何だ一体!?」
(SE)途端、 背後でバキッと枝が折れる音。
Guy 「(ギョッとして)だ、 誰だ!?」

Scene 5: Stone Ville Sheriff's office - table (night) (ストーン・ヴィル 保安官事務所・表 (夜))

Character/Action Line Translation
Finch 「勿論こんな小さな子を引き渡すのは忍びない。だが事件を背後から操っていた犯人たちの居場所を知っているかも知れないんだ。たとえばシェリー、 一緒に逃げたクレアと言う女がいたそうだが、 彼女は、 今、 どこにいるんだね」
※シェリー、 答えられない。
Finch 「答えるんだシェリー!」
Sherry 「(震えて)い、 いや…クレアお姉ちゃんは何も悪いことをしていない。悪いのは…悪いのは…私のパパとママなの!…ごめんなさい。ごめんなさい!(号泣する)」
Finch 「これではっきりしたな。その子は悪魔の子だ。アンブレラに引き渡すんだ」
(ガヤ)「そうだそうだ」「渡してしまえ!」
(SE)迫る怒号と大勢の足音。
Sherry 「怖い、 お姉ちゃん」
Meg 「やめてッ!(激しい怒りで)それでもあなたたち人間なの!?恥知らず!」
※一瞬、 静まり返る住民たち。
Meg 「悪魔の子だなんて、 両親が悪いことをしたら、 その子まで悪いの!? そんなのない。それでなうてもこの子は、 両親のしたことで小さな胸を苦しいほどに痛めているのに、 みんな、 自分のことばかり考えて…帰って。みんな帰って!」
Finch 「(フンとして)大した演説だったな。みんな、 余所者に好きに言わせておいていいのか!?これはこの町の問題だぞ」
(ガヤ)「そうだそうだ!」「その子をこっちへ寄越せ!」
(SE)瞬間、 ズガン! 銃声が鳴り響く。
Alan 「止めろみんな! おの子は誰にも渡さん!」
(ガヤ)「なんだ保安官、 お前まで、 そんな奴らの肩を持つのか」
「構うことはない! 子供をこっちへ奪うんだ!」
※再び迫る住民たち。
Alan 「やめろ、 下がれッ!」
(SE)ズガン! ズガン! ライフルで威嚇するアレン。
Alan 「メグ、 シェリー、 事務所へ入るんだ! 早くしろ!」

Scene 6: Sheriff's office - centre (保安官事務所・中 (夜))

Character/Action Line Translation
※飛び込んで来るメグ、 アレン、 シェリー。
(SE)ドアを閉める。同時に表からドンドンとドアを叩く音。
(ガヤ)「ここ開けろ保安官!」「シェリーを渡すんだ!」
Alan 「手伝ってくれメグ。デスクでドアをふさぐんだ。シェリーは窓を下ろせ!」
(SE)デスクを押す音。窓の錠を下ろす音。ドアを叩く音と怒声が聞こえなくなる。
Meg 「かになったわ。諦めたのかしら」
Alan 「そんな連中じゃあるまい」

Scene 7: Highway (Night) (ハイウェイ(夜))

Character/Action Line Translation
(SE)ウウウ…低く唸る獣の声。
Guy 「犬だ…そ、 そんな。腹が破れ、 内蔵が腐って、 はみ出している」
(SE)別方向からも低く唸りながら迫るケルベロス。
Guy 「こっちからも…く、 来るな…来るな!」
(SE)ズガン! ズガン! ズガン!…が次の瞬間、 凄まじい唸りを上げ、 一頭がガイに襲いかかった。
Guy 「ウワーッ!」
※森の中にガイの絶叫が響き渡って。

Scene 8: Stone Ville - Sheriff's Office (Night) (ストーン・ヴィル保安官事務所 (夜))

Character/Action Line Translation
(SE)時計か時を刻む音。コーヒーを注ぐ音。
Meg 「コーヒーが入ったわ保安官」

Alan 「ありがとう。シェリーは?」
Meg 「やっと眠ったわ」
Alan 「そうか…それにしても驚いたな」
Meg 「え?」
Alan 「さっきだよ。恥知らず、 か。町のみんなの前で、 よくあれだけのタンカが切れたもんだ」
Meg 「やめて保安官…恥ずかしい」
Alan 「いや立派だったよ」
Meg 「(フッとして)…同じだったの。シェリーも私も…」
Alan 「ン?」
Meg 「私の父は、 大酒呑みのアル中で、 いつも私や母に暴カを振るっていたわ。私が十歳の時、 とうとう母は耐えられなくなって、 私を置いてて逃げてしまったの。それからは、 母の分まで私が殴られて…」
Alan 「メグ…」
Meg 「でもその父も次の年、 酔っぱらって車にひかれて死んでしまったわ」
Alan 「そうだったのか…」
Meg 「今でも私、 父と母を憎んでいるわ。自分の中に父と母と同じ血が流れていると思うと、 あんな大人になるんじゃないかと思えて、 怖くて仕方がない」
Alan 「メグ…」
Meg 「でもそれでも私の父と母なのよ。ニューヨークにいる母に今でも会いたい…でも、 でも…」
Alan 「もういい。分かったよメグ…よく分かった」

Scene 9: Finch's home - study (フィンチの家・書斎)

Character/Action Line Translation

(SE)風が出て来る。遠くで山犬の遠吠え。

(SE)電話が鳴る。

Finch

「もしもし…あ、 どうも…申し訳ありません。実は保安官が思わめ抵抗をいたしまして、 シェリーはまだこちらの手には…何ですって?もうシェリーを引き渡す必要がない? どう言うことですか?…もしもし! もしもし!」

(SE)電話が切れ、 ツーツーツーと言う音。受話器を置くフィンチ。

Finch

「どう言うことだ一体?…どう言う…」

(SE)その時、 表でガサガサッと言う音。

Finch

「ン? 今の音は?」

(SE)步いて行く足音。裏のドアを開ける。

(SE)虫の音。

Finch

「誰だそこにいるのは」

(SE)ウウウ…呻き声。這いずる足音が迫る。

Finch

「お、 お前は…な、 何だその顔は… 肉が腐って…く、 来るな。ウ、 ウワーッ!」

(SE)ゾンビがフィンチに噛みつき、 絶叫があたりに響き渡って。

Sources


Advertisement