FANDOM


T-Veronica report

The report.

The t-Veronica report is a file that can be found in the BSAA Remote Desktop.


TranscriptEdit

t-Veronica

As well as the t-Virus, the t-Veronica Virus is made from the raw materials of the Progenitor Virus.
The production method is relatively known, it is said that the Queen Ant and plan genes have been incorporated into the Progenitor Virus.

Organisms infected with t-Veronica not only rapidly erode cells, even the brain cells from the extreme rejection.
It is said to be less dangerous than t-Virus, which produces mutants because of mutations, and G-Virus, which produces new form of life, but it's a dangerous virus in terms of causing death.

※Warning: The following information must be handled carefully!

Although unofficial, by keeping the infected person in low-temperature and adapting the body by delaying the erosion of the virus, symbiosis with t-Veronica is possible.
If successful, the infected person will gain great power.
Infected individuals in this state have fertility as well like the G-organisms, but this has not been confirmed, one can only speculate.

The above information is undisclosed because it can be miused.
This information can only be handled by Level 5 or higher information analysts of the Information Analysis Bureau and some researchers who have been authorized to belong to the Technical Research Bureau, and restricted to BSAA senior personnel with Level 8 or higher authority right.
It was noted that if the information was leaked without necessary procedures and permission of the authorized personnel, it would be subject to punishment.

t-Veronica

t-Veronicaは、 t-ウイルスと同じく「始祖ウイルス」をその原材料として作られている。
生成法は比較的判明しており、 始祖ウイルスに女王アリと植物の遺伝子を組み込んだものと言われている。

t-Veronicaに感染した生物は急速に細胞を蝕まれるだけではなく、 極度の拒絶反応から脳細胞されてしまう。
突然変異によるミュータントを生み出すt-ウイルス、 斬たな生命体を生み出すG-ウイルスに比べると危険性は少ないと
されているが、 人を死に至らしめるという点では、 同じく危険なウイルスには違いない。

※警告 以下の情報は取り扱いに注意 !

非公式ではあるが、 感染者を低温保存し、 ウイルスの侵食を遅らせることにより体を馴染ませることで、
t-Veronicaとの共生は可能である。
成功した場合、 感染者は強大な力を得ることとなる。
この状態になった感染者はG生物同様に生殖能力も持つといわれているが、 これについては未確認で、
|推測の域を出ていない。

上記の情報は悪用される可能性があるため、 公表されていない情報である。
情報を取り扱えるのは、 情報分析局に所属するレベル5以上の情報分析官と技術研究局に所属する許可を受けた
一部の研究員、 そしてレベル8以上の情報アクセス権を持つBSAA上級職員のみに限られる。
必要な手続きと権限者の許可を限ずに情報を漏洩した場合は、 処罰の対象とるなるので注意されたし。

NotesEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.