FANDOM


The First Night: "The Mansion Beckons" (第一夜「洋館が招く」 Dai ichi-yo 'Yōkan ga maneku'?) is the second chapter of the BIO HAZARD DRAMA ALBUM ~The Doomed Raccoon City~ VOL.1 drama album.

PlotEdit

The bell rings at Raccoon City High School, indicating the end of class. Jane and Jim head out into the hall. They discuss the dog and how it was acting similar to the dogs which attacked Jane's mother. Two students ("Schoolboy A" and "Schoolboy B") approach to tease them. The first brings up Jane's missing mother, and how she must have been attacked by a zombie at the mansion, referencing the rumours of S.T.A.R.S. suffering casualties due to monsters. The boys joke about how Anita is probably a zombie, now. Jim has had enough and hits the first student, then forcing him up against a locker. The boy then teases him for defending Jane; Jim is angered by the suggestion that he is in love with her, causing Jane to leave.

Jane runs out of school, almost being hit by a car. Jim runs after her, trying to calm her down, that her mother might not be dead. Jane describes the attacking dogs as being like jackals, with their insides showing and an angry look in their eyes; clearly not "normal". Jim offers to go to the derelict mansion to investigate. To protect himself from the monsters, he reveals that he has been hiding his father's handgun on his person.

The two head off into the mountains. The eerie sounds are made worse by the encroaching darkness. Jim spies the ruins first, and the two head close, stepping on shards of glass. Jim asks Jane for more insight into the night she and Anita were attacked, but Jane cannot recall due to it being dark at the time. Jim collapses into the basement. He assures Jane that there is a ladder nearby and that he can come up once he's finished looking around. Jane tells him to go up the ladder right now, but he fails to reply. She hears Jim scream out, followed by gunfire. Jim rushes up the ladder, gasping for breath. He explains that he saw something underground which disturbed him; he could work out what it was, but fired anyway. Jim then admits that it was just a prank; there's no zombies around and they should just head home. As the two head out, Jim stops, hearing a growling sound. With an actual zombie moving towards them, the two run back to Jim's car.

They get to Jim's car, but its engine fails to turn over and they are left stranded. A zombie walks in front of the two; they are terrified by its peeling skin in some parts, and exposed skeleton in others. As more zombies flock around, Jim is close to giving up on the car as more approach. He shoots a nearby zombie once, but is now out of bullets. Jim sees Anita as they drive off, not realising that she is also a zombie.

TranscriptEdit

Scene 8: Raccoon City High School (noon)
ラクーンシティ・ハイスクール(昼)
Character Translation Original script
Jim 「犬の様子が?」
Jane 「え、。 私、 何だか薄気味悪くて」
Schoolboy A 「なァジェーン、 お前のおふくろ、 あの洋館で襲われたんだろう。ひょっとしたらゾンビにやられたのかも」
Jane 「止めて。変なこと言わないで」
Schoolboy A 「けど家の親父、 警察に知り合いがいて、 あの洋館には化け物とかゾンビがうようよいて、 それで『S.T.A.R.S.』もやられたんだって」
Schoolboy B 「と言うことは、 ゾンビにやられたら、 そいつもゾンビなるって言うから、 ジェーンのおふくろも今頃は」
Schoolboy A 「そうばよ。ゾンビになって。ウォ〜〜」
Jane 「止めて止めて!」
Jim 「止めてろバカ!」
Schoolboy A 「何すんだ放せジム!」
Jane 「ジム!」
Jim 「謝れ!ジェーンに謝れ!ジェーンのお母さんは化け物なんかにやられたんじゃない」
Schoolboy A 「何だよジム、 お前、 ジェーンに惚れてんのか」
Jim 「何だと!?」
Jane 「止めて!」
Jim 「ジェーン!」
Scene 9: Same, front (同・表 )
Character Original script
Driver 「バカ野郎! 気をつけろ!」
Jim 「ジェーン!(走り寄り)気にすんなよ。あんな連中に言うこと」
Jane 「でも本当かも知れない。母は化け物に襲われたのかも」
Jim 「君まで何を言うんだ」
Jane 「だって母を襲ってた山犬、 普通じゃなかった。皮がはばれて内蔵が出てたし。眼だってギラギラして…」
Jim 「バカ言うなよ。この世に化け物なんかいるわけないだろう」
Jane 「でも」
Jim 「だったらこの眼で確かめてやる」
Jane 「え?」
Jim 「あの洋館へ行って、 この眼で化け物がいるかどうか確かめてやる」
Jane 「そんな。止めて」
Jim 「だってしくないのか。君が嫌なら、 俺一人でも行く」
Scene 10: Streets (街路)
Character Translation Original script
Jane 「ホントに行くつもり? もし本当に化け物が出たら」
Jim "I have this." 「I have this 俺にはこれがあるさ」
Jane 「拳銃!? どこからそんなものを」
Jim 「親父のをこっそり持って来たんだ」
Jane 「危ないことしないで」
Jim 「心配すんなって」
Scene 11: Arklay Mountains - アークレイ山
Character Translation Original script
Jane 「すぐに日が暮れるわ。帰りましょうそジム」
Jim 「後少しだから…あった。あそこだ!」
Scene 12: Mansion ruins (廃墟の洋館)
Character Translation Original script
Jim 「あ、い! 誰かいるのか!?」
Jim 「ほら見ろ。何もいないじゃないか化け物!ゾンビ!いたち返事しろ!」
Jim 「ほら見ろ。何もいないじゃないか」
Jane 「(不安に)暗くなって来たわ。戻りましょうジム」
Jim 「慌てんなよ。お前のお母さん、 どの辺で襲われたんだ」
Jane 「分かんない。暗かったから」
Jim 「ウワーッ!」
Jane 「ジムッ!(声が響く)」
Jim 「アイタタ…床が崩れて穴に落ちたんだ!(声が響く)」
Jane 「大丈夫!?上がって来れる!?」
Jim 「梯子がある。ここは地下道みたいだ。奥まで続いている。一寸調べてみる」
Jane 「止めて。早く上がって来て」 返事がない。
Jane 「(不安に)ジム…ジムッ!」
Jane 「ジム!」
Jane 「何かあったのジム!?」
Jim 「お、 奥に何かいた。何だか分からないけど、 変な音が」
Jane 「そんな!」
Jim 「アハハハハハ、 嘘だよ。何もいるわけないだろう。 アハハハハ」
Jane 「バカ! ジムったら」
Jim 「ごめん。 でもこれではっきりしたろう。ゾンビも化け物もいやしないって。 さ、 帰ろうか」
Jane 「どうしたのジム」
Jim 「今、 何か音がしなかったか」
Jane 「またァ。 もうその手には乗たないんだから」
Jim 「いや、 今度は本当だよ。 確かに…」
Jim 「何だあの音は?」
Jane 「(恐怖に)こっちへ来るわ」
Jim 「車まで走るんだ!」
Scene 13: The forest (Night) - 森の中(夜)
Character Translation Original script
Jane 「どうしたのジム! 早く車を出して!」
Jim 「エンジンがかからない!」
Jane 「(叫ぶように)ジム!み、 見てあそこ! 車のライトに…」
Jim 「に、 人間…いや違う。 顔の肉が崩れて半分骸骨が…」
Jane 「腕の皮もはがれてるわ。こっちへ来る! 早く車を出して!」
Jim 「駄目だ! 来るな! 来るなーッ!」
Jim 「そんなバカな!倒れても起き上がって来る!」
Jane 「ジム!」
Jim 「走って逃げるんだ!」
Jim 「早く行け!」
Jane 「ジム!」
Jim 「この化け物が!」
Jim 「クソッ弾が!」
Jim 「こいつ! こいつ! ゾンビだ…本当にゾンビがいたんだ」
Jim 「女のゾンビ!? そ、 そんな!ジェーンのお母さん!」
Jim 「信じられない。 ジェーンのお母さんが生きていたなんて。それとも…止めてくれお母さーん!」

SourcesEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.