Resident Evil Wiki
Advertisement
Resident Evil Wiki

The French Troops Dispatch (フランス軍出動 furansu-gun shutsudō?) is the first episode of BIOHAZARD 2 Drama Album ~The Female Spy Ada Lives~, a four part radio play series set in the weeks after the Raccoon City Destruction Incident.

Plot

The date and time is October 5, 1998; 20:44. A combat helicopter for the French Air Force flies over. Its crew consists of Major Jacob - the team leader; Private First Class Joel - the pilot, and Privates First Class Philippe and Gaston. Arriving at the French village of Loire, they make preparations for "Operation: Loire Tiger" (作戦コード:ロワールティグル。 Sakusen kōdo: Rowāru tiguru?). It is revealed that they are being sent to the southwestern village in response to a viral outbreak which occurred on October 2, resulting in the deaths of all 1200 citizens. Jacob has Joel turn on a searchlight; seeing a church, it confirms they have reached Loire. Jacob orders Gaston to fire canisters of Napalm at the village. Philippe sees someone running into the church, and stops Gaston firing the third canister; he identifies the person as a woman with a handgun, wearing a red battlesuit. Joel is ordered to land in the village square to investigate, despite the flames. The church roof catches fire, and Jacob turns it into a rescue mission. The helicopter lands in the square, and the men put on masks to go around the flames; Joel is ordered to stay behind for ease of exit. Jacob gets in touch with Command on his radio, informing them of the sighting, and his suspicions that the woman is known to the French military as "143A". They find the woman under the rubble, unconscious. Ready to head out, a house falls onto the helicopter. Joel manages to get out of the cockpit before being burnt. The woman wakes up, asking where she is. Philippe tells her she is in Loire; Jacob then orders him to get help from Command, only to find they are unable to get in touch. He repeats himself in hopes they'll eventually get his transmission. Jacob asks Joel for the map of the area, but is informed that it was destroyed along with the helicopter. Jacob rehearses from memory that there is a forest to the south of the village; the team is ordered to head through there.

Moving through the forest, the team removes their masks. Jacob asks the woman for her name and why she was in Loire, but she fails to answer. Since they aren't police or MPs, she isn't obligated to answer their questions. Jacob explains to an annoyed Gaston that the woman's identity will be revealed back at headquarters. Philippe tries to get in contact with Command again, but stops when he hears a strange sound in the woods. As the sound comes closer, it begins to seem more like a moan. Philippe orders who ever it is to step forward. More moans drown out the first as they approach. Ada realises what's happening, but doesn't have her handgun. When Philippe sees a person, concludes that people had escaped the village and hidden in the forest. Joel moves closer and sees the people have rotten flesh. Jacob tells Joel to run, calling the people zombies; the team do not understand, and Joel is bitten. Gaston shouts to Joel to run and begins shooting at the zombie. He is confused by the zombie not falling. Ada advices them to shoot them in the head. Joel falls to the zombies, and the group run away through the woods.

The group reach a mountain stream and rest. Phillipe asks Jacob about the situation, remembering a report of an epidemic wiping out the village people. Jacob explains with confidential information: ten days prior, the American community of Raccoon City was destroyed after an outbreak of the t-Virus, a mutagenic virus engineered by Umbrella Pharmaceuticals known for turning people into zombies. He adds that Loire fell to the t-Virus five days later. Phillipe cannot understand how a virus could spread such a distance in only five days. Jacob adds that 143A, Ada Wong, was also in Raccoon City ten days ago and her appearance in France coincided with the outbreak. Ada denies the allegation she had anything to do with the spill. Phillipe gets on the radio to Headqaurters. With no one at the other end, he changes between frequencies, eventually finding the voice of a young woman, Christine, who claims to be based in a country police department near Arles. When informed of the current situation - that the helicopter is damaged and they are trapped in the woods - she is unable to help due to the police force being away. In case the situation changes, Jacob estimates they are 2 kilometres (1.2 mi) south of the village. Christine is aware of Earl Henry's castle to the west of their location, and suggests they ask the janitor for the phone. Meanwhile, Christine will try and get in touch with the military.

The team reach the castle. Looking for a way in, they see bloodstains all over the floor and walls. The door slams shut and locks them in.

Transcript

Scene 1: Opening (オープニング)

Character/Action Line Translation
Narrator 「1998年、 国際企業アンブレラ薬品が極秘に開発したTウィルスとGウィルスでアメリカ中西部の町ラクーンシティは崩壊した。ふたつのウィルスの生みの親であるウィリアム・バーキン博士の娘シェリーは、 メグやアレン保安官の力で、 ウィルスに冒された恐怖の町ストーン・ヴィルから逃げ出すことができたが、 今度は舞台をフランスに変え、 新たなる事件が勃発した」

Scene 2: France, Loire Village (Night) (フランス・ロワール村(夜))

Character/Action Line Translation
(SE)バッバっバッバッ…ヘリのローター音が響き渡る。フランス空軍の戦闘用ヘリだ。
Description 乗員は、 隊長のジャコブ少佐(33歳)、 部下のフィリプ上等兵(26)、 ガストン上等兵(24)そしてパイロットのジョエル上等兵(24歳)の四名である。 Occupants, four: chief, Major Jacob (33 years old), subordinates Lance Corporal Philippe (26), Lance Corporal Gaston (24) and pilot Lance Corporal Joel (24 years old).
(SE)無線の雑音。兵士たちの捨て台詞。 (SE) Radio noise. Throwaway soldier dialogue.
Voice on radio 「こちら作戦指令本部。応答せよロワールティグル、 応答せよ(繰り返す)」 "This is operations command headquarters. Respond, Loire Tiger, respond (repeat)."
Joel 「こちらロワールティグル…すべて順調…」 "This is Loire Tiger... Running smoothly..."
Gaston 「早いとこ帰ってワインが飲みてェな」
Jacob 「そろそろ目標地点だ。サーチライトをつけろジョエル」
Joel 「了解!」 "Roger!"
(SE)ガシャッ、 サーチライトが点灯。 (SE) Gasya, the searchlight turns on.
Phillipe (M) 「1998年、 10月5日、 現在時刻2044。作戦コード、 ロワールティグル。記述フィルプ、 ラウル上等兵。我々フランス空軍第21空挺師団405部隊は、 フランス南西部にある人口約1200人のロワール村へ対し、 村をすべて焼き尽くせとの命令を受けた。正体不明の伝病が発生し、 たった三日で村は全滅、 生存者がゼロになったとの報告を受けたからだ」 "1998, October 5, current time 20:44. Mission code: Loire Tiger. Lance Corporal Philippe, Raul describing. We are the French Airforce 21st Airborne Division, 405th Corps, against the population of 1200 people of Loire village in southwest France, receiving orders to burn the whole village. An unidentified disease has occurred; because the village will be wiped out survivors will be reported as zero in three days."
Joel 「隊長、 十時の方角に教会の屋根が見えます。」
Jacob 「ロワール村に到着だ。さっさとナパーム弾で焼き払って帰るぞ」
Gaston 「了解。一号発射!…二号発射!…」
(SE)次々にナパーム弾が発射。建物が炎上する音。
Gaston

「ハハハハ、 でけェ焚き火だぜ。三号(言うかけるのへ)」

Philippe 「待てガストン! 人がいる! 人がいる! 隊長、 三時の方向に人が走ってます!」
Jacob 「何!?」 "What!?"
Gaston 「女だ。赤いバトルスーッを着て教会へ向かって…を、 手に拳銃を」 "A woman. Towards the church wearing a red battle suit... and a pistol in hand."
Jacob 「双眼鏡を貸せ!(ハッとして)あの女は…」 "Lend the binoculars! That woman..."
Philippe 「知ってるんですか?」 "Do you know [her]?"
Jacob 「(被せる)ジョエル、 ヘリを村の広場へ着陸させろ」 "Joel, land the helicopter in the village square."
Joel 「でも広場は火の海で、 下りるのは危険です!」 "But the square is a sea of fire, it's dangerous to go down!"
Jacob 「いいから着陸しろ」
(SE)その時、 轟音を上げて焼け落ちる教会の屋根。 (SE) At that time the church roof goes up in flame and the roar raises.
Philippe 「まずい、 屋根が焼け落ちる!」 "This is bad, the roof's gone up in flames!"
Gaston 「女が屋根の下敷きに!」 "The woman is trapped under the roof!"
Jacob 「急げジョエル!」 "Joel, hurry up!"
(SE)降下するヘリ。 (SE) Helicopter drops.

Scene 3: Loire Village square (Night) (ロワール村・広場(夜))

Character/Action Line Translation
(SE)轟々と炎上する村にヘリが着陸する。 (SE) The helicopter lands in a village roaring in flames.
Jacob 「全員、 防疫マスクを着用しろ」 "Everyone, wear your gas masks."
※これ以降、 全員、 マスクを被ったため、 声がくごもる。
Jacob 「ジョエル、 お前はいつでも離陸できるようにここで待機だ。行くぞみんな!」 "Joel, you're on standby so you can take off any time. Everyone, move!"
(SE)走る三人の足音。轟々と炎上する村の家屋。
Philippe 「いた。あの瓦礫の下だ!」
Jacob 「引きずり出せ。俺は、 本部へ連絡する。こちらロワールティグル、 作戦指令本部、 応答せよ。作戦指令本部、 応答せよ」
Voice on radio 「こちら作戦指令本部」 "Headquarters here."
Jacob 「ロワール村で生存者を発見。赤のバトルスーツに拳銃を所持。ファイルナンバ143のAに該当する女ではないかと… (次第にオフになって行く)」 "In possession of a handgun and a red battle suit. It's a woman corresponding to File Number 143A."
Gaston 「フィリップ、 この女、 どう見てもフランス人じゃねェぞ。中国か台湾か、 そっちの方だ」
Philippe 「いいから、 そっちを持て。引きずり出すぞ。それ!」
(SE)瓦礫を退け、 うんうん言いながら体を引きずり出す二人
Philippe 「気絶してる。しっかりしろ。おり」
Jacob 「了解(無線を切り、 戻って来て)助けたか。拳銃をとりあげろフィリプ。身許が分かるものはないか、 体を探ってみろ」
Philippe 「何もありません」
Jacob 「よォし、 ガストン、 女を担げ。ヘリへ戻るぞ」
(SE)突然、 グワーン!爆発音が響き渡る。
Gaston 「あ、 ッ隊長、 ヘリが、 ヘリが爆発しました!」
Jacob 「馬鹿な!?ジョエルは!?」
Philippe 「コックピットから飛び出してきました。こっちへ走ってきます」
(SE)爆発炎上するヘリ。その中を走って来る足音。
Philippe 「大丈夫か、 ジョエル!?」
Joel 「(喘いで)くそ、 あと一寸で死めところでったぜ。目の前の家が焼け落ちてきて、 ヘリが押し潰されて」
Gaston 「冗談じゃねェで。これじゃ帰れねェじゃねェか」
Woman (Ada) 「うッ…」
Gaston 「女が意識を取り戻しました」 "The woman has regained consciousness."
Woman (Ada) 「...ここは!?」 "[where is] here!?"
※エイダは終始淡々と、 冷静に話すイメージ。
Philippe 「ロワール村だ」 "It's Loire Village."
Jacob 「フィリプ、 本部へ連絡して救援を頼め」 "Philippe, ask headquarters for rescue."
Philippe 「了解。こちらロワールティグル、 作戦指令本部、 応答せよ(繰り返す)」 "Roger. Loire Tiger, here, headquarters, respond."
(SE)だが無線からは、 ザーザーという雑音ばかり。
Philippe 「通じない」
Gaston 「そんな筈あるか。たった今まで隊長が使って、 通じていたんだぞ」
Philippe 「こちらロワールティグル、 作戦指令本部、 応答せよ(繰り返す)」 "Loire Tiger, here, headquarters, respond."
Jacob 「ジョエル、 地図は?」 "Joel, the map?"
Joel 「すみません。ヘリに残したままで」 "I'm sorry. I left it in the helicopter."
Jacob 「何てこった。碓か村の南は森だったな。全員、 移動開始だ」

Scene 4: Woods (森)

Character/Action Line Translation
(SE)フクロウ虫の鳥き声。隊員たちが落ち葉を踏みしめて歩いて来る。
Jacob 「止まれ! ここまで来れば、 安全だ。防疫マスクを外せ。休憩だ」
※全員、 マスクを外し、 元の声に戻る。 Everyone removes their masks and returns to their normal voice.
Jacob 「さてと、 女、 話を聞かせてもらおうか。まず身元からだ。名前は?」
Woman (Ada) 「…」 "..."
Gaston 「何だ、 何故黙ってる?」 "What, why are you silent?"
Jacob 「ロワール村で何をしていた?」 "What were you doing in Loire village?"
※だが女はやはり答えない。 ※The woman doesn't answer.
Gaston 「(ガッとして)貴様ッ!」 You!
Woman (Ada) 「あなたたちはMPでも警察でもないでしょ。答える義務はない筈よ」 "You are neither MPs nor police. I am not obligated to answer."
Gaston 「何だと!?」 "What!?"
Jacob 「止めろ。本部へ連れて帰れば、 すぐに分かることだ。フィリプ、 無線はまだ通じないのか」
Philippe 「馬目です。応答せよ指令本部。応答せよ… (言うかけるのへ)」
(SE)ガサッと物音。
Philippe 「隊長?」 "Sir?"
Jacob 「どうしたフィリプ」 "What happened, Philippe?"
Philippe 「今、 その辺で音が…」
Jacob 「音?」
(SE)だが聞こえるのは風の音。虫の声。フクロウの声だけだ。
Gaston 「何だよ、 何も聞こえねェじゃ…」
(SE)途端、 またガサッと音。続いて、 ウウウ…人の呻くような声。
Joel 「(恐怖で)な、 何だ? 何かいるのか」
Philippe 「誰だ!? いるなら出て来い!」
(SE)うめく声はいくつも重なり、 どんどん近づいてくる。
Woman (Ada) 「あの声は…私の拳銃はどこ!?返して。早く!」
Philippe 「人だ! あそこにも、 こっちにも。大勢こっちへ歩いてくる」
Joel 「そうか。ロワール村は全滅したんじゃなかったんだ。生き残った人たちが森に隠れていて、 それで。お、 い、 みんな、 こっちだ。こっちへ来い!」
(SE)ジョエルが走って行く足音。
Jacob 「止めろジョエル! 戻って来るんだ!」
Joel 「(遠くから)大丈夫ですよ隊長、 やっぱりこの人たちはロワール村の。おい、 無事でよかったな。どうしたんだよ。返事ぐらい… (言いかけ)あッ、 な、 何だお前ら…ウワっ、 顔の肉が腐って、 皮がはがれている。こっちの奴は腹から内蔵が…どうなってるんだ!?」
Jacob 「逃げろジョエル! そいつらはゾンビだ!」
Philippe 「ゾンビ!?」
(SE)次の瞬間、 ゾンビたちがジョエルに襲いかかった。
Joel 「ウワーッ、 は、 放ッ、 助けてくれッ!」
Gaston 「逃げろジョエル! くそッ!」
(SE)ズガン、 ズガン。銃声が轟く。
Gaston 「だめだ。撃っても倒れねェ。一体、 どうなってんだ!?」
Woman (Ada) 「頭を吹っ飛ばさないと、 ゾンビは死なないわ!いいから私の拳銃を返して!」
Jacob 「ガストン、 返してやれ!」
(SE)ズガン! ズガン! 銃声が響き、 ゾンビのうめき声とともにゾンビの倒れる音。
Philippe 「ジョエル!」
Jacob 「駄目だ。あいつはもう助からない。いいから、 逃げろ。走るんだ!」
(SE)迫るゾンビの呻き声。発砲しながら走る一同。

Scene 5: Mountain stream (渓流)

Character/Action Line Translation
(SE)川のせせらぎ。息せき切って走って来る一同、 咳き込み、
Philippe 「どう言うことですか隊長!?ロワール村は謎の伝染病で全滅したんじゃなかったんですか!?」
Jacob 「落ちつけ。碓かにお前たちにはまだ知らせてないことがあった。実は十日前、 国際企業のアンブレラ薬品が極秘に開発したTウィルスで、 アメリカの中西部のラクーンシティと言う町が全滅した。町の人間が全員ゾンビになってな」
Gaston 「!!…そんな」
Jacob 「それから五日後、 今度はロワール村だ。」
Philippe 「たった五日でアメリカからフランスへ飛び火するなんて、 どうして」
Jacob 「それはこの女に聞くんだな。エイダ・ウォン」
Philippe 「エイダ・ウォン?」 "Ada Wong?"
Jacob 「この女は、 十日前、 崩壊したラクーンシティから脱出して、 このフランスへやって来た。そして現れると同時に、 ロワール村は全滅した」
Philippe 「つまりこの女がTウィルスをロワール村にばら蒔いたと」
Ada 「違う。私は、 そんなことはしてないわ」
Gaston 「だったら何でフランスへ来たんだ!?」
Ada 「!…」 "!..."
Jacob 「止めとけ。簡単に吐くような女じゃない。それよりフィリプ、 周波数を変えて本部を呼び続けろ。ここにいたんじゃ拉致があかない」
Philippe 「分かりました。こちらロワールティグル、 作戦指令本部応答せよ」
(SE)フィリプ、 無線をコールしながら、 周波数を変えて行く。
Philippe 「くそ、 誰も出ねェのか。こちらロワールティグル…ロワールティグル!」
(SE)と雑音に交じり、 若い女の声が聞こえて来る。
※女はクリスチーヌの声。 ※Voice of a woman, Christine.
Woman's voice 「こちらアルル郡リジュ村の警察署です。誰ですか呼んでるのは」
Philippe 「つながった!こちらフランス空軍の戦略部隊だ。聞こえるか!?」
Woman's voice 「聞こえるわ」 "I hear you."
Philippe 「ヘリを失い、 森で迷っている。フランス空軍へ連絡して、 救援を寄越すように伝えてくれ」 "We lost our helicopter and are lost in the forest. Please contact the French Air Force and tell them to send relief."
Woman's voice 「あの、 言っている意味がよく分からないんですが。あいにく、 ここは小さな田舎の警察署で、 署長は今出掛けてるし、 他の警官と言っても、 警官は署長一人しかいないし、 後でもう一度、 かけ直して貰えますか?」
Gaston 「おい、 一寸待てよ! 電話じゃねェんだから、 簡単にかけ直すなんて」
Jacob 「俺が変わる。いいか、 よく聞くんだ。我々の現在位置は、 ロワール村の南約二キロの地点、 森の中だ。ここから一番近くて、 人がいる場所はどこか教えてくれ」
Woman's voice 「ロワール村の南? だったらそのまま西へ進めば、 アンリ伯爵の城があります。そこなら管理人まいるし、 電話もあると思いますけど」 "South of Loire Village? Go straight west. There is the castle of Count Henry. Go to the  management; I believe there's a phone there."
Jacob 「アンリ伯爵の城だな。分かった。我々はその城へ向かうから、 君は何とか軍へ連絡するんだ。いい子だからできるな」 "The Count's castle. Understood. As we head to the castle, can you get in touch with the military?"
Woman's voice 「(笑い声で)何とかやってみます」 "I'll try somehow."
Jacob 「よし、 城へ向けて出発だ。ガストン、 エイダから眼を放すな。逃げようとしたら、 かまわないから足を撃ち抜くんだ」 "OK, I'm leaving for the castle. Gaston, do not let your eyes off Ada. If she tries to escape, there's no problem shooting her in the leg."
Gaston 「了解」 "Roger"

Scene 6: Old castle (古城)

Character/Action Line Translation
(SE)犬の遠吠え。虫の声。来る足音。 (SE) Dog howling. Insect noises. Footsteps coming.
Philippe 「あった。あの城だ」 "There. It's the castle."
Gaston 「随分古いな。薄味悪いぜ」 "It's quite old and looks bad."
Jacob 「とにかく中へ入ろう」 "Just go inside."
(SE)石畳を歩く足音がして、 重々しくドアをノックする音。 (SE) Sound of footsteps walking along a stone pavement. Sound of the door being knocked.
Jacob 「誰かいないのか!? 返事をしてくれ!」 "Is no one there? Respond!"
(SE)繰り返し、 ドアを叩くが、 返事がない。 (SE) Repeat of hitting the door. There is no reply.
(SE)ギギギー! 重々そく罪の開く音。 (SE) Gigigi! Sound of the heavy door opening.
Philippe 「門に鍵がかかってない」 "The door's not locked."
(SE)中へ入る足音。 (SE) Footsteps entering.
Gaston 「誰かいないのか!? いたら出て来てくれ!」 "Is there nobody there? Please come out!"
(SE)静まり返り、 聞こえるのは、 時計の時間を刻む音だけだ。 (SE) Silence still as death. The only noise is that of a clock ticking.
Philippe 「無線のあの女は、 管理人がいると言ってたが…」 "The woman on the radio, she said there was a manager..."
Gaston 「あ、 ッ、 だ、 隊長! 床を見て下さい!」 "Ah! Sir! Look at the floor!"
Jacob 「ん?…!血痕だ。床だけじゃない。この壁にも、 あっちの壁にも…この城でも何かあったのか!?」 "Hm!? Bloodstains. Not just on the floor. On this wall, on that wall... what happened in this castle?"
(SE)途端、 背後でギギギー、 バタン!玄関の扉が閉まり、 ガチャッと自動的に錠が下りる音。 (SE) Gigi, Batan! The sound of the entrance door closing and the automatic lock.
Gaston 「玄関の扉が勝手にしまった! (走り寄る)駄目だ。ロックされて、 外へ出られねぇ!」 "The entrance has suddenly locked. It's useless. It's locked and we can't get out!"
Jacob 「どう言うことだ一体!? 誰かいるのか!? いたち出て来いッ!」 "What did you say!? Is anyone there!? Please come out!"
(SE)だが何の返事もない。時計の時刻を刻む音だけが響き渡って…。 (SE) No reply. Only the ticking of the clock.

Gallery

Sources

Advertisement