FANDOM


Plot

George, Nancy, Sally, Ken and Tom run across the city centre. Ken spots another murder of crows. George spots a house ahead and the five run in to escape from the birds. They shut the door behind them and wait in the living room as the zombies and crows finally quieten down. George has Ken look out the window; Ken confirms there to be nothing outside.

As they begin to settle, Sally complains of hunger, having not eaten anything in the morning. Tom notes the well-kept nature of the house. Tom suggests they stay in the house, since the owners seem to have fled; Ken disagrees, since zombies will inevitably find the place. George has the group split up: he and Sally will keep to the ground floor, and the others will go upstairs.

Ken, Nancy and Tom head upstairs. They first check out a child's room. Ken goes to the window and opens the curtain; he sees the house comes with a large garden. Nancy hears a low humming sound; Tom, also looking out, tells her it is coming from a beehive hanging from a tree. Nancy accepts his suggestion, but is still concerned of "Umbrella's monsters". Ken opens the window and leans out with his bat to destroy the nest. The bees are angered by this and the window has to be closed urgently.

Nancy and Ken come back downstairs; Ken quickly finds cheese and meat in the refrigerator. George and Nancy discuss how to escape Raccoon City, since they lack ammunition. George offers to go out in search of weapons, but Sally interjects, believing the army and police are soon to save them, albeit there being no means to get in touch with them. Ken suggests going out in search of guns, also, but George changes the plan - they'll stay in the house for the night and rotate guard shifts.

George and Nancy stay up, talking about how quiet it's gotten; Nancy means the entire city, without even screaming, though George adds that Tom is probably asleep. Nancy reveals to George that she only met Tom six months ago while wandering the streets; as another homeless child, she adopted him; her real brother died some time ago. Her brother, Mike, died four years ago. After their mother and father were killed in a car accident, the two ended up on the streets, and Mike was shot after they were caught raiding a farmhouse. Nancy was too scared to come back for him and kept on running, and lost contact after that; while she knows he is dead, she doesn't know where he was buried. George describes how he ended up on the street after an argument with his violent father, but feels he had a better life than Nancy.

Transcript

Scene 1: Raccoon City, city centre (night) - ラクーンシティ・街中 (夜)- completed

Character/Action Line Translation
(SE) 犬の遠吠え。 パチパチと炎のはぜる音。ゾンビの唸り声。 引きずる足音。その中を、 ジョージ、 ナンシー、 サリー、 ケン、 トムが走る。
Sally 「こっちにもゾンビが。 キャーッ!」
(SE) クロウの羽音。 鳴き声。
Ken 「カラスめ! このォ、 このォッ!」
(SE) バットを振り回す音。
George 「あそこに家があるぞ! 逃げ込むんだ!」

Scene 2: A house, living room (night) - ある家・リビング (夜) - completed

Character/Action Line Translation
(SE) 玄関のドアを開けて、 転がり込んで来る五人の足音。背後から、 襲いかかるゾンビの唸り声。カラスの鳴き声。
George 「早くドアを閉めろッ!」
(SE) バタンとドアの閉まる音。しばらくゾンビとカラスの音がしていたが、 やがて静かになる。
George 「ケン、 窓から外を見てみろ」
Ken 「ゾンビもカラスもいねェ。 みんな、 行っちまったみたいだ」
George 「これでひと安心だな」
Sally 「お腹減ったわ。 朝から何にも食べてないんだから」
Tom 「お姉ちゃん、 綺麗な家だね」
Nancy 「ホント」
Tom 「家の人、 逃げちゃったんだね。 いいな、 こんな家に住めたら」
Ken 「だったら住めよ。 ゾンビに食われても良ければな」
George 「つまんねェこと言ってねェで家捜しだ。俺とサリーは一階。 ケンとナンシーとトムは二階だ。ゾンビはいねェか。 食い物はねェか。武器も探すの忘れるな」
Ken 「OK」
Nancy 「分かったわ」

Scene 3: Same, second floor, first room (同・二階・一室) - completed

Character/Action Line Translation
(SE) ギイッとドアが開く音。 入って来るナンシー、 ケン、 トム。
Ken 「子供部屋が……ふかふかベッドに、 テレビに、 机、 窓にはレースのカーテン、 結構なもんだぜ」
(SE) サッとカーテンを開ける音。
Ken 「庭も広いし」
(SE) その時、 ブーンと低い羽音が聞こえて来る。
Nancy 「何の音?」
Tom 「蜂の巣だよお姉ちゃん!庭の木にあんなに大きな蜂の巣が」
Nancy 「ひょっとしたら、 あれもアンブレラのモンスターかも」
Ken 「何!? だったら俺がバットで叩き落しててやる!」
(SE) ガラッと窓を開ける音。
Nancy 「止めてケン!危険よ!」
Ken 「うるせェ! この蜂野郎ッ!」
(SE)
Ken 「ウウーッ! 巣が一杯出て来やがった!」
Nancy 「窓を閉めて! 早く!」
(SE) 窓を閉める音。無数の蜂が窓ガラスに当たる。
Ken 「ハハハハ、 入れるモノなら入って来てみろ。ざまァ見ろって言うんだ」
(SE) 蜂の舞う音。 ガラスに当たる音。

Scene 4: Same, first floor, living room (night) - 同・一階・リビング(夜) - completed

Character/Action Line Translation
(SE) 階段を下りて来るナンシーたち。
George

「目ぼしいモノは何かあったか?」

Ken 「何もねェよ」
Nancy 「(口をもぐもぐさせながら) 食い物は一杯あったよ。
Ken 「あ、 チーズじゃねェか。 それに肉も。 やった!」
(SE) ガツガツと食べる音。
George 「意地汚ェな全く。 それより、 この町から脱出する方法だ」
Nancy 「やっぱり銃が無ければ無理よ」
George 「捜しに行くっきゃねェか」
Sally 「また表へ出るの。 いやよ私」
Nancy 「だったら、 ずっとここにいるのね。ゾンビに襲われるまで」
Sally 「ふん。 きっと警察か軍隊が助けに来るわよ」
George 「当てにならねェな。 電話も無線も通じないんだぞ」
Ken 「俺は行くぜ。 武器がなけりゃ頼りなくて」
George 「そうと決まりゃ、 今夜はここで夜明かしだ。交代で見張りして、 その間にみんな仮眠しろ」
(SE) 虫の嗚き声。 時計がカチカチと時を刻む。
Nancy 「静かね。 町があんなになってしまったなんて、 嘘みたい」
George 「トムは寝たのか」
Nancy 「え、」
George 「お前、 トムを大切にしてるな。 弟でもないのに」
Nancy 「あの子に出会ったの半年前ぐらいかな。お腹を空かして町をさまよっていた。 それを見て私、 死んだ本当の弟を思い出したのよ」
George 「死んだ?」 lower page
Nancy 「マイクって言うんだけど、 四年前、 父と母が交通事故で死んで、 私たち親戚をたあい回しにされて…我慢できなくなって飛び出したの」
George 「へェ」
Nancy 「お金もなくて、 行く所もなくて、 マイクはお腹空いた、 空いたって泣くし、 仕方なく二人で農家に忍び込んで、 食べ物を盗もうとしたの。でも見つかってしまって。 私たち必死で逃げたわ。でも逃げ遅れたマイクが拳銃で撃たれて」
George 「ひでェ。 まだ子供じゃねェか」
Nancy 「助けてお姉ちゃん… 倒れたマイクが後ろから必死に呼んでな。 でも私、 怖くて、 振り返ることも出来なかった」
すすり泣くナンシー。
Nancy 「後で聞いたら無縁墓地に理められたって。でもどこだか分からなくて…だからトムを見てると、 弟のように思えて来て…」
George 「そうだったのか。 お前に比べりゃ、 俺の方がずっとマシだな。 俺の親父は暴力親父で、 それが厭で飛び出したんだけど、 その親父も今じゃもういねェ。 アル中で死んじまった」
Nancy 「そうだったの…」
(SE)虫の鳴き声。 犬の遠吠え。
Ken 「よォサリー、 いいのかお前ェ」
Sally 「何が」
Ken 「ナンシーだよ。 さっきから一階のリビングで、 兄キとベタベタしてるぜ」
Sally 「何ですって」
Ken 「へへへ、 兄キはもてるからな」
Sally 「(カッとして) 何ょあの女。 私のジョージを取ろうとしたちどうなるか、 思い知らせてやるわ」
Ken 「お、 怖ェ怖ェ。 ハハハ…」

Sources

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.