FANDOM


PlotEdit

After the crash, the occupants groan, confirming they survived. Linda gets her mobile phone, but can't hear Ed's voice; Bobby thinks it's broken, but Linda thinks the call was ended during the crash in some other way. As the zombies approach, Linda finds she can't open the driverside door out to the streets, the crash having damaged it. The three consider climbing out of the right-side windows, but Bobby finds there to be no space for them to get out to. Finally, Linda kicks her door open, and the three get out.

The three run around the streets, but are slowed down by Rose as she complains of a pain in her chest. Slowed down, they see a civilian - "Woman A" - be attacked by a zombie and eaten. Unable to do anything, they run on their way to the hospital. Another civilian - "Man A" - is attacked by his zombified daughter, Judy after failing to talk her out of it. Hearing more zombies approaching, the three run into the alleyways, but find more here, too. When Linda and Rose turn around an alley, they lose sight of Bobby. A bell rings, and the two look around to see a church. Catching up with Bobby at the church door, they are let in by the priest, who is weak from t-Virus infection. Linda tells Bobby to keep away from the man. Knowing he will transform soon, he prays to Jesus Christ as a storm passes over the city.

The three enter the church to avoid the storm. Linda tends to the priest's injuries, handing him a hankerchief so he can cover his zombie bite. Linda offers to take him to the hospital once the storm passes, but he accepts the inevitable fate of the city and chooses to stay behind rather than wait for a treatment which may not exist. As the rain weakens, Linda tells the priest that she helped Bobby's mother die two years ago when she could not cope dying from an incurable illness; six months later, the cure was discovered. The moral of the story, Linda says, is to never give up hope. The priest appreciates her story and forgives her sins for God, but refuses to go to the hospital, believing he has work to do at the church, still. He tells the three to leave as he heats up with fever. The three run back out as the heavy rain returns.

Walking through the streets, Rose begins to feel more pain; Linda notices her veins are beginning to bulge. Unable to treat her, they are forced to run again as more zombies approach the church. Linda announces they are only one block away. Rather than face more zombies, Bobby elects to open a manhole cover and reach the hospital's boiler room via the underground.

Heading down into the cold sewers, the three are greeted by the distant sound of a Hunter prowling the tunnels. As it moves closer, Bobby diverts the other two to a side tunnel. The creature finds them anyway. Linda fires Rose's shotgun, but the Hunter dodges them. Bobby sees the ladder and guides his grandmother to it while Linda keeps the creature busy, eventually succeeding in taking it down. The three head up into the hospital's boiler room.

TranscriptEdit

Scene 1: In the car - 走る車の中 - completedEdit

Character/Action Line Translation
(SE) ガシャーン! 激突音のあとに、 クラクションが長く続いて――停止した車の中で、 呻き、 喘ぐ3人。
Linda 「だ、 大丈夫、 ボビー? ローズ?」
Bobby 「へ、 平気だよ、 こんなの……お婆ちゃんは? 苦しくない?」
Rose 「……私も、 大丈夫よ」
(SE) リンダが、 携帯電話を、 ピッポッパッ。だが、 反応はない――
Bobby 「電話、 壊れちゃったの?」
Linda 「いいえ。 回線が、 どうにかなっちゃったみたい。壊れたのは、 車の方よ。 こうなったら、 歩くしかないわ」
(SE) ドアを開けようとするが――
Linda 「あ、 開かない…衝突のショックで、 歪んだみたい」
(SE) そこへ、 ズルズル、 ベチャベチャ――ゾンビたちの足音が迫る。
Bobby 「うわ! き、 来たよ、 リンダ先生!」
Linda 「窓から、 出なさい、 ボビー!」
Bobby 「だ、 駄目だよ。 壁が近すぎて、 隙間がないよ。」
Linda 「開いて! お願い!」
(SE) ドアを押す。 押す。 ギギギッと軋む。
Zombie 「ウオオオ〜!」 「アアアア〜!」
迫り来る唸り声と足音。
Bobby 「うわあ?! 来たァ!」
Linda 「開け!開け!開け!開いてー」
(SE) ガン! ガン! ガン! 蹴とばし続けて――ついに開いた。
Bobby 「やったァ!」
Linda 「早く逃げるのよ!」

Scene 2: Raccoon City centre - ラクーン市街 - completedEdit

Character/Action Line Translation
(SE) 走るリンダたちの足音。
Rose 「く、 苦しい…胸が…」
Linda 「ローズ…少し休みましょうか?」
Rose 「い、 いいえ、 大丈夫…大丈夫よ」
Linda 「がんばって、 お婆ちゃん!」
その過程で、 悲惨な光景を目の当たりたして行く――
Zombie voice 「うオオオオオ〜!」
Woman A 「キャア?!やめて、 あなた…!」
(SE) そこに、 凄まじい咀嚼音が続いて――思わず、 小走りになってボリー。
Bobby 「せ、 先生――」
Linda 「見ちゃ、 駄目、 ボビー! 走って!」
(SE) 走る3人。 走る。
Different Zombie 「アアアアア〜!」
Man A 「や、 やめるんだ、 ジュディ! パパの顔がわからないのか…わあ?!」
(SE) 同様に、 咀嚼音が続く――
Rose 「うう…?!な、 何てこと…?!」
Linda 「ゆ、 許して!ああなってからでは、 もう助けられないのよ!だから、 その前に、 きっと治療法を、 薬を…!」
(SE) 無念の思いで、 走る。 走る。
Zombie 「ウオオオオ〜」 「アアアア〜!」
Bobby 「こ、 こっちからも来たよ!」
Linda 「あっちへ! あの路地へ!」

Scene 3: Alleyway to alleyway - 路地から、 路地へ―― - completedEdit

Character/Action Line Translation
(SE) 3人の足音に、 ゾンビたちの足音と唸り声が交錯。
Linda 「ま、 町中、 ゾンビだらけだわ!」
(SE) その時、 ボビーの足音が止まった。
Bobby 「先生、 お婆ちゃん、 こっち!」
(SE) 方向転換して、 走り出す。
Rose 「ボ、 ボビー?!」 "Bo-Bobby?!"
Linda 「ど、 どこへ行くの?!」
(SE) ボビーの足音の向うから、 乱打される鐘の音が聞こえて来る――
Rose 「鐘……?」 "Bell......?"
Linda 「教会?」
Bobby 「神父様!助けて!」
(SE) ドアを開けて、 教会内に駆け込んで行く。

Scene 4: Church - 教会 - completedEdit

Character/Action Line Translation
(SE)続いて駆け込むリンダたち。
Linda 「待って、 ボビー!」
Rose 「ボビー!」
(SE)乱打されていた鐘が、 ふいに止まった。
同時に、 よろめき倒れて来る男。 神父。
Bobby 「し、 神父様?!」
Priest 「ボ、 ボビー…よっかた。無事だったか…うう?! (呻き、 咳込む)」
Bobby 「神父大丈夫?ひ、 ひどい熱…!」
Priest 「ま、 町のみんなに、 危険を知らせようと、 鐘を…しかし、 私の身体にも、 異変が……」
Linda 「(キッと) ボビー、 離れて!」
Bobby 「え?」
Priest 「は、 離れなさい、 ボビー…私も、 いずれ、 彼らのように…」
Bobby 「し、 神父様が、 ゾンビに…?!」
(SE) バリバリ! ドドーン! 突如、 空気を引き裂く雷の音。
Priest 「ジ、 ジーザス・クライスト! 神が、 お怒りたなっている……!」
Linda 「ローズ、 ボビーを!」
Rose 「こっちに来なさい、 ボビー!」
Bobby 「う、 嘘だ…嘘だ!」
(SE) そして、 屋根を激しく叩いて、 雨が降り始める――
Linda 「神父様、 応急手当てだけでも…このハンカチで」
(SE) ハンカチを引き裂き、 神父の傷に巻きつける。
Priest 「う…?! あ、 あなたは、 ドクター…」
Linda 「少し休まれたら、 ご一緒に、 私の病院へ――」
Priest 「いや…私は、 ここに残ります。 町のみんなと、 運命を共にします」
Linda 「バ、 バカな?! 何を言ってるんですか?!」
Priest 「それが…神に与えられた私の仕事です」
Linda 「私に与えられた仕事は、 患者を、 みんなの生命を救うことです。治療法さえ見つかれば、 まだ救えるかも知れない神父様を、 置いてなど行けません!」
(SE) 雨の音が、 一瞬、 弱まって―― Next page
Linda 「2年前…私は、 母を安楽死させました」
Priest 「おお……?!」
(SE) バリバリ! ドドーン! 再び、 雷の音。
Linda 「原因不明の難病で、 ずっと植物状能でした。天国に召されることだけが、 母の幸せに思えましでも…最期の瞬間、 意識のない母の目が訴えた気がしました。 もっと生きていたいと…!」
Priest 「神よ…!」
Linda 「半年後でした。 その難病の治療法が見つかったのは…」
Priest 「何と…?!」
Linda 「母の幸せ? いいえ、 私は、 あの時、 戦うことを諦めたんです。 苦しみから逃げたんです。医師として。人として…! だから、 誓いました。二度と逃げない。 諦めないと…!」
Priest 「ド、 ドクター、 あなたの罪は、 今、 神が許されました」
Linda 「神父様――」
Priest 「だ、 だが……私は、 やけり、 ここを離れるわけには行きません…あなたがあなたの戦いを戦うように、 私も、 私の戦いを戦わなければならない。 か、 かゆい…熱い…!」
Linda 「し、 神父様?!」
Priest 「と、 とても、 病院まで、 正気では…早く、 行きなさい…私が、 けだものになる前に…!」
(SE) ドドーン! バリバリバリバリ! 雷の音が、 神の怒りの如く――

Scene 5: Same, outside - 同・外 - completedEdit

Character/Action Line Translation
(SE) 雨の音。 激しく――ドアを開け、 走り出て来る3人。
Bobby 「(嗚咽して) 神父様だけは、 僕を愛してくれた…神父様だけは…!」
Linda 「ボビー…!」
Rose 「これからは、 あたしがいるわ、 ボビー!」
Bobby 「お婆ちゃん……お婆ちゃん!」 "Grandma...... Grandma!"
抱き合った途端、 苦しみ出すローズ。
Rose 「うう……?!」
Bobby 「お、 お婆ちゃん?! 苦しいの?! 先生!」
Linda 「(をとって) 脈が、 上がってる…無理ないわ。この身体で、 走ったり、 強いショックを受けたり…この雨だって、 よくない。 早く病院に戻って、 応急手当てをしないと…!」
(SE) そこへ、 ズルズル、 ベチャベチャ――ゾンビたちの足音が迫る。
Zombies 「ウオオオオ〜!」 「アアアア〜!」
Linda 「き、 来た…!」
Bobby 「せ、 先生!」
Linda 「逃げるのよ!」
Another zombie 「ウアアアアア〜!」
Bobby 「こ、 こっちからも、 来た!」
Linda 「か、 囲まれた! ワンブロック向うが、 病院だっていうのに…!」
Bobby 「先生、 こっち!」
(SE) 一方へと走り出した。
Rose 「ボ、 ボビー…?!」
Linda 「ど、 どこへ行くの?!」
(SE) 立ら止まるボビー。
Bobby 「よいしょっと…!」
(SE) マンホールの蓋をズラす。
Linda 「マンホール?」
Bobby 「病院の地下のボイラー室に通じてるんだよ!」
Linda 「(驚いて) ボビー、 こんなところで、 遊んでたの…」
Bobby 「へへ。 だって、 つまんなかったんだもん…怒る?」
Linda 「(苦笑して) 無事に病院に着いたらね。行きましょう!」
Bobby 「気をつけて、 お婆ちゃん!」
(SE) カン、 カン、 カン――鉄梯子を降りる3人の足音が響く。

Scene 6: Sewers - 地下水道 - completedEdit

Character/Action Line Translation
(SE) ジャブジャブと、 水をかき分けて行く3人。ローズが、 苦しそうに咳込む。
Rose 「さ、 寒い…苦しい…!」
Bobby 「ご、 ごめん、 お婆ちゃん。 いつもは、 こんなに水なんかないのに……」
Linda 「あの強い雨で、 増水してるのよ。病院に着いたあ、 すぐに手当てするから!がんばって、 ローズ!」
Bobby 「あそこ! あそこを曲がれば…もう少しだよ、 お婆ちゃん!」
(SE)その時、 どこからか響いて来る足音 (ハンター)。ザブッ、 ザブッ、 ザブッ、 ザブッ――
Linda 「ゾ、 ゾンビ…?!」
Bobby 「こ、 こんなとこまで…?!」
Linda 「あの音は、 そっちから…そっちは、 駄目よ、 ボビー」
Bobby 「じゃ、 こっち。 少し遠回りだけど、 こっちからなら…」
方向転換するが――
(SE)再び、 ザブッ、 ザブッ、 ザブッ、 ザブッ――
Bobby 「え、 こっちからも……?!」
Linda 「遠うわ。 こっちじゃない。 後ろよ。 いえ……」
Rose 「私には、 両方から聞こえるけど……」
Linda 「そ、 そう言われると……」
Bobby 「ど、 どっち? どっちへ行けばいいの?!」
刹那――
Hunter 「キキ〜!」
(SE) 独特の声と共に――ザッパーン! 水を蹴るや、 一気にリンダたちの前に出現するハンター。
Bobby 「ゾ、 ゾンビじゃない…?!」
Linda 「ショ、 ショットガンを!」
(SE) ドーン! ドーン! 撃つ。 撃つ。ザッパーン! 水面を蹴って、 それを躱すハンター。
Linda 「は、 早い! 当たらない…!」
Bobby 「先生、 あそこ! マンホールの出口!」
Linda 「走って!早く!」
Bobby 「行くよ、 お婆ちゃん!」
(SE) ザッパーン! ザッパーン!水を蹴って、 追うハンター。
Hunter 「キキ!」
(SE) ザッパーン! ザッパーン! 水を蹴って、 追うハンター。
Bobby 「お、 追いかけて来た…!」
Linda 「そうはさせないわ!」
(SE) ドーン! ドーン! ドーン! ドーン!
Hunter 「キキ〜?! クワ?!」
(SE) 雄叫び上げて、 吹っとばされ――水中に沈んだ。 その間に、 鉄梯子にすがっている3人。
Linda 「梯子よ。 気をつけて、 ローズ!」
Bobby 「がんばって、 お婆ちゃん!」
Linda 「急いで、 ボビー!」
(SE)ガン、 ガン、 ガン――梯子を駆け上がる3人。
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.