FANDOM



History
Biology
Gameplay
Appearances
Gallery
Further notes
Inside of BIO-HAZARD - page 56

The T-002 was an evolved human being who had received surgical alterations after his initial infection. In terms of natural mutations, his left hand developed into a powerful claw with the production of bony deposits.[1][excerpt 1] His muscles advanced beyond normal human limits, and he was capable of running at speeds of up to 43 miles per hour (69 km/h).[2] In terms of intelligence, the T-002 went through limited brain damage during the mutation process, in drastic difference to Zombies.[1][excerpt 2] He also did not suffer from bodily decay, which Zombies suffered from considerably.[1] However, like Zombies, T-002 went through a growth spurt during the two and a half months between the initial t-Virus outbreak at the Arklay Laboratory and its destruction.[1] From the enhancements made in surgery, T-002 received a heart transplant using a large mammalian animal source. This procedure led to the Tyrant having two separate circulatory systems.[1][excerpt 3]

After passing out in the culture room, T-002's power limiter was disabled, allowing him to begin mutating further. In his Super Tyrant form, T-002 is noted as having a red hue, possibly indicative of blood pumping. His physical strength and agility was increased to the point he could jump through a concrete ceiling.[3][excerpt 4]

BibliographyEdit

SourcesEdit

notes
  1. Excerpt from Inside of BIO-HAZARD, p.57: "巨大な左手の爪。 真皮性の皮骨で覆われ、 堅く鋭い。 やすやすと人間の体を貫くことができる。"
  2. Excerpt from Inside of BIO-HAZARD, p.57: "調整槽で順調に成長しているタイラントの最大の特徴は、 それぞれ独立した循環器系を複数持つことである。 体表に見える巨大な副心臓が特徴的だ。 強靭な心肺機能を得たため、 運動性、 反射速度は、 従来のB.O.W.を飛躍的に上回る数値を記録し、 ウィルスによる代謝能の低下もある程度抑えられている。 またクレイウィルスを使用した個体としては知能も高く、 人間とほぼ同等の理解力を備える。 ハンターよりさらに容易に各種命令を遂行させることができる。 主な攻撃手段は左手の刺突用の爪。 パワーとスピードを活かした格闘戦で目標を破懐する。タイラントは生物兵器としての性能と知能、 ともに申しぶんがなく、 まさに究極のB.O.W.となる予定だった。 あとは調整を繰り返しながら完成を待つばかりであったが、 計画が事故により中断されてしまったのが悔やまれる。"
  3. Excerpt from Inside of BIO-HAZARD, p.57: "複数の循環器系を持つT-002。かなり複雑に見えるが、 これでも動脈血と静脈血は混ざらず代謝が活発だ。"
  4. Excerpt from biohazard kaitaishinsho, p.092: "生命の危機に頻したことで、 リミッターが解除されたタイラント。 全身が赤みを帯びるといった外見.上のちがいのほか、 内部にも劇的な変化が起こっており、 体力・敏捷性・攻撃力などすべてが、 従来の数値をはるかに超えている。 いわばイレギュラーな状態ではあるが、 兵器としての能力は格段に高まっているため、 そうした意味ではこの形態こそが、 開発者らが目指した究極の理想形「タイラント」と呼ぶにふさわしいのかもしれない。"
references
  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 Takeo (ed.), Inside of BIO-HAZARD, p.57
  2. Takeo (ed.), Inside of BIO-HAZARD, p.56.
  3. Hamamura (ed.), kaitaishinsho, p.092.
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.